« 願書の地図 | トップページ | だいぶいいかな »

2004.11.10

膀胱炎

うちの猫タタの調子がちょっと悪そう。

あいかわらず元気で、「遊んで攻撃」バンバンかけてくるんだけど、トイレへ行く回数が多い。それもどうもおしっこは出ていないみたい。膀胱炎か?多分ね。どうしようか。

と、言うのは、彼、極端に出不精。外に出るのが大嫌い。さらに車嫌い。先日も病院まで行ったけど、先生が手が放せないとかで、「置いていってください。あ、検査をするかもしれないので、この承諾書にサインをしてくださいね。」なんて言われた。連れて行っただけで「かあさんにじわるぅ。僕、もうかあさんのこと信じられない」モードになってるのに、置き去りにしたら、なんと思われることか。早めに炎症止めでももらえたら、辛くないかなと思って連れて行っただけで、それほどひどい状態じゃなかったから、断って連れて帰った。その夜一晩様子を見たら、翌朝には治っていたから、今回も彼の治癒力に期待しようということで、様子を見ることにした。

すると、生徒の猫も尿道結石で昨夜入院したと聞き、びっくり。彼も以前膀胱炎を患っているし、うちの桃太郎も、それから蒲公英もよく膀胱炎になったなぁ。あさってに退院する予定らしいけど、猫さ~ん、寒くなるから身体には気をつけてね。

|

« 願書の地図 | トップページ | だいぶいいかな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 願書の地図 | トップページ | だいぶいいかな »