« | トップページ | 外に出たら寒かった »

2004.09.15

かなり小さくなった

恒例の水曜日南○○半島一周コースです。甲状腺の治療に行ったってことなんだけどね。

今日U先生は忙しくて、なかなか超音波の部屋に来てくれない。最初にエタノール注入をやった時の次回の予約っていうのがまだ生きていて、それが来週。もう、今日は排液だけにして、エタノール注入は来週にしてもらおうと(勝手に)決めていた。

今日はエコーの担当がいつもの人と違っていた。後から思うに研修医かもしれない。液が溜まっているからエタノール注入をしたほうがいいと私に伝えて、担当医(U先生)を呼びに行った。先週の10ccのエタノール注入の効果か、かなり小さくなっている。U先生も「かなり小さくなったねぇ」と喜んでいる様子。「で、どうしますか?今日、やりますか?」と聞くので、今日は(も)6時までに○山まで行かなければならないこと、以前入れておいた予約が来週に入っていること(あれ?そうだったっけと、U先生)、それが金曜日で、金曜日は私には時間的制約がないこと(ただし、土日が休みなので、何かあった時に対応できない恐れがある)、前回の様子から、エタノール注入をしても以前のように腫れたり痛んだしないだろうこと・・・を挙げて、今日は排液だけやってもらって、来週エタノール注入をしてほしいことを伝えた。(勝手な患者だね)U先生は「じゃ、そうしましょう」と言って、排液をしてくれたけど、今日も少ない。25ccだ。研修医(多分)に「いつもの半分です」と言ったら、え~っという感じだった。

たしか小さくなった。でもこれをはじめてみた担当医(多分)がエタノール注入しなくちゃと言ったところを見ると、この大きさが普通の患者のスタートなのかも。前回いつものエコー技師さんに聞いてみた。「他の患者さんは1回で(のう胞が)なくなっちゃうんですか」「人にもよりますよ。何回かやる人もいますけど、たいていの人はこんなに大きくなる前にきますからねぇ」その時の会話を思い出した。今の私のこのくらいの大きさから何回かやって(うまくすれば1回で)、腫れがなくなるのかもね。だとすると、ゴールはもうすぐかも。

サーミーも「かなり小さくなったね」と言ってる。今日はエタノール注入をしなかったからか、嚢胞の反逆にも会わずに排液したあとも腫れてこない。いいぞ、いいぞ。

|

« | トップページ | 外に出たら寒かった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« | トップページ | 外に出たら寒かった »