« 2002年1月 | トップページ | 2002年3月 »

2002.02.28

2002年2月

2002/02/01 Fri ☆今『木更津キャッツアイ』がおもしろい

 あまりテレビが好きではない私が最近気に入っているのが、『木更津キャッツアイ』。以前『池袋ウェストゲートパーク』っていうのを長瀬智也主演でやっていたけど、そのスタッフで作っているらしい。『IWGP』の方は何回か見ただけでついていけなくなって、見なくなったけど、今度のはついていけている。

 あまりにも良く知っている木更津が舞台なのもおもしろいのかもしれないけど、細部にこだわりすぎた作り方がとてもおもしろい。来週は「やっさい・もっさい」だって?思わず大声あげて、笑っちゃったよ。

 サーミーはそのあとも『トリック2』を楽しみにしているみたい。金曜日はTV・DAYね、私にとっては。

 でも、今日は、昨日から喉が痛くて、赤くなっているし、大きな声が出せなくなっている。月曜日までに何とかしなくちゃね。今日も早く寝ます。

2002/02/02 Sat ☆健康のありがたさを感じる日

 喉の腫れは弾いてきたけど、鼻水と鼻詰まり、頭重感と、完全に風邪症状。幸い熱もなく、食欲も体力もまあまあ、あるんだけど。こういう日が年に一回くらいはないと、日頃の健康のありがたみがわからないからって、天からの贈り物なのね、きっと。あり難くいただいて、養生しましょう。

 2月5日、バンコクの国立競技場で、サッカーの試合がある。アジアクラブ選手権があるのだ。私が今年応援することになった、鹿島アントラーズがBEC Tero Sasana と戦う。観戦ツアーは2泊4日で86,000円。飛行機はJALかTG。ホテルはソルツィン。高いか安いかは人それぞれだけど。私だったら、クリタイ・マンションか、私のお気に入り、パトムワン・ハウスにするな。(パトムワン・プリンセスでも良かったけど、ソル・ツィンの方が安かったんだろうな)近いから。そういえば、去年の1月に一人でパトムワン・ハウスに泊った時、国立競技場で、チュラロンコーン大学とタマサーと大学のサッカー試合があったっけ。アントラーズの誰が人気ナンバーワンになるんだろう。柳沢、平瀬(出場するかな?)、ケンに似ているから、本山君?桃子の夫役をやっている秋田。いいえ、やっぱり隆行でしょう。ことしは、楢崎と鈴木隆行、どちらをわたしのNo.1にするんだろう。

 アントラーズはタイにサッカーの試合をしに行くけど、タイから韓国に演奏をしに行く人たちもいる。LOSOの韓国ツアーは2月11日から14日までだそうだ。旧正月だけど関係ないのかな。それにしてもLOSO働きすぎ。

 あ~あ、今日はやっぱり頭がはっきりしないから、なんだか訳のわからない日記になってしまったけど、まあ、いいか。ではおやすみなさい。

2002/02/03 Sun ☆せっちゃんの誕生日、おめでとう!

 せっちゃん、何歳になったんだっけ?

 今日は音について。トトがベッドや、椅子から降りる時の音。前足をついて、それから後ろ足をつくから、ちょっと間をあけて、トントンって音がする。2階のベッドから降りる時は、トントンの少し後に、階段を下りてくる音がする。まるで人間が降りてくるようだから、時々間違えてしまうけど。トトがトイレで砂を掻いている音、水を飲んでいる音。ドアを開けようと引っかいている音。こういう音はとても好き。

 ちょっとおもしろいのは、屋根の上で、ドンという音。たいていは連続して聞こえる。時々はキーキー言う音もする。我が家のすぐ裏の山にはサルがいて、時々、遊びにくる(のではなくて、餌を探しにくるんだろうけど、家には餌になるようなものは何もない。ごめんね)。屋根の勾配がちょうど滑り台みたいなのかな。あんまり騒がしいと、「うるさぁい!」って叫ぶ。そうするとちょっとだけ静かになる。

 トトにとって、気になる音は、人間のお菓子が入っている箱を開ける音(この中に時々トトのお菓子も入っている)とトトのカリカリ(ビスケットみたいな猫の餌のことを、我が家ではこう呼んでいる)の入った缶をカシャカシャ振る音。特に後者の音がすると、どこにいても出てくる。トトがどこにいるのかわからない時は、この缶をカシャカシャさせると、どこからともなくトトが出てくる。「お、いたか、いたか」で、缶をしまっちゃうと、トトは当てがはずれてがっかりする。その腹いせか、人間のお菓子の箱をガサガサ揺すって嫌がらせをすることもある。しつこくその音を続けるので、やめさせるためには、結局何かを上げないわけにはいかない。その箱の中に自分のお菓子があろうがなかろうが、いずれにせよ何かをもらえるって事をトトは十分承知しているようだ。賢いね。

2002/02/04 Mon ☆え、LOSO韓国ツアー中止だって?&恵方を向いて丸かぶり?

 ついさっき知ったニュース。今日の夜になって、メンバーもはじめて知ったというドタキャン。何があったんだろうな。とても気になる。

 2月11日から14日の韓国なんて、寒さこの上もないでしょう。寒さを実感したいのならともかく、そんな寒い時期じゃなくて、もう少し暖かくなってから、行けば、LOSOさん。

 で、今日の日記。土日と風邪でずっと寝ていた。日曜日になってだいぶ良くなり、しめしめこの分なら月曜日の授業は大丈夫。と思っていたのだが、日曜の昼間に十分すぎるほど寝たせいで、昨日の夜は眠れなかった。羊の数を数えたりしたけど、何しろ二日間の間、寝ることと食べることくらいしかしなかったので、睡眠は十分。でもね、明日は大切な授業があるのよ...と焦れば焦るほど眠れずで、最近しばらく聞く事のなかった、新聞配達のバイクの音を聞いてしまった。(つまり朝方まで寝付けなかったということ)

 そんなわけで、めずらしく眠い。いいことだ。いつもこんな風に眠ければ、眠れなぁいなんて悩むこともない。というわけで、おやすみなさい。トトは今日はサーミーと寝るのかな。

 おまけ:今お休みを言いに行ったら、サーミーは台所で夜食のラーメンを作っていた。で、ついているテレビを見たら、昨日の節分に恵方を向いて丸かぶりをすることについて、ニュースステーションでやっていた。関東の人にはなじみがないけど、大阪では節分にその年の恵方(ちなみに今年は北北西)を向いて太巻き寿司(巻き寿司と言うらしい)をガブッとやるらしい。私もこのことを知ったのは、この町にJUSCOができてからのこと。毎年節分近くになると、惣菜売り場に太巻き寿司が並び、恵方を向いて丸かぶり~とアナウンスしているので知った。関西の人はそれが当たり前だと思っているらしいが、関東の人は今日はじめて聞いたとか言っている。日本もおもしろいね。西と東でこんなに習慣が違うんだ。

 さて、では、本当にお休み。

2002/02/05 Tue ☆船橋屋のくず餅、満喫

 あ~あ、久しぶりに食べた。船橋屋のくず餅。ずっと食べたかったんだけど、東京に出かけていくこともなくて、手に入らなかったくず餅。思い切って送ってもらった。子供のころから食べているくず餅を宅急便で届けてもらうなんて、なんだかすごく変な感じ。ふじ色のビニール袋じゃなくて、箱に入って到着!って言うのも、妙に変な感じだった。ふじ色の袋は箱の中に入っていたからちょっと安心したけど。

 久しぶりに食べておいしかった。賞味期限明日まで。明日になったら、絶対に味は落ちてるよと言って、1箱全部食べてしまった。といっても一番小さい箱だけど。明日はいつもいろんな台湾のお菓子をくれるJさんやKさんにもおすそ分け。気に入ってくれるかな。

 話は変わって、今手放せないもの、それは、「のどぬ~るスプレー」。相変わらずのどの調子が悪いので、一日に何回ものどにピシュッってやってる。けど、これをやると口の中がとっても変な味。清涼感アップって書いてあるけど、ちょっとね。早くよくなれ、イガイガ飛んでけ!

2002/02/06 Wed ☆一気にFriendsを見た

 日本と韓国の合作になるテレビドラマFriendsを見た。ビデオに撮っておいたのを一気に見た。4時間もあるので、かなり疲れた。昼間、仕事(日本語)があったので、疲れて寝ちゃうかなと思ったけど、何打寛大いながら、眠らずにに見た。一番近いお隣さんのことを、よく理解していない。いけないなと思った。金智勲(キムジフン)役の男の子も可愛かったけど、同居人もかっこよかった。でも中で煙草を吸っていたのにはがっかり。必然性はなかったと思うけど、韓国人の喫煙率は高いよって言いたかったのかな。

 今日は、なんだか頭が痛い。これさえなければ、私の人生って、けっこう最高なんだけどな。

2002/02/07 Thu ☆唐突に、納豆の話

 納豆、これの話を外国人にすると、たいていはゴミに腐った匂いだとか、二度と食べたくないとか、あまり評判がよくないのだが、「日本人でも嫌いな人がいるから別に無理に食べなくていいよ」と、やさしく言いながらも、心の中では納豆のよさが君たちにはわかるまいと思っている。中にはごくまれに、納豆大好きと言う外国人もいるけどね。 
 
 納豆をどうやって食べるかという話。ごく一般的なのは、ネギをきざんで、からしを入れて、醤油で味付ける。(そういえば、筋肉少女帯の曲の歌詞に、「ネギをきざむとうまいんだ」って言うのがあったよね)たいていの人はそうやって食べていると思う。生卵を落とす人もいるね。

 私の家の食べ方はちょっと違う。これは生まれ育った家の食べ方で、結婚してからも押し通したので、いまではサーミーも大好きになった。白菜漬けをみじん切りにして、納豆と和える。ネギは入れない、卵も入れない。これにカラシと醤油でもいいんだけど、meew original は、醤油+ポン酢。カラシはなし。白菜漬けはよく使った、古漬けに近いものの方がおいしい。この酸味だけでもおいしいんだけど、ポン酢の酸味でさらに複雑な酸っぱさになって、納豆の臭さがなくなる。私は納豆が臭いとも思わないんだけど、においが嫌で食べられない人にはおすすめだと思う。

 子供のころから白菜をきざんで、納豆に入れて食べていたので、この食べ方がごく当たり前だと思っていたけど、友達の家に行ったら違うのでビックリした。でもやっぱりこの食べ方がおいしいと思って、ずっと続けてきた。結婚当初はサーミーはごく普通にネギと卵を入れて食べていたけど、今はこの 白菜漬け+[醤油+ポン酢]の meew original の大ファン。是非お試しあれ。

2002/02/08 Fri ☆木更津キャッツアイ、おもしろい

 金曜日はポチタマとともに楽しみにしているのが、木更津キャッツアイ。1回目の放送の時は、内容についていけず、後からそうだったのかとわかった場面も多かったけど、このごろは妙に懲りすぎたところもなく、爽快。テンポの速さもおばさんがついていけるくらいにしてくれたし、細かいネタも昔のネタでけっこう楽しい。V6では文句なく三宅健だから、デコの岡田准一には目もくれずに、翔くんを追っています。「嵐」では、ニノ「二宮和也」と桜井翔くんのどちらを応援しようかずっと迷っていたけど、今は翔くん。今日の「木更津キャッツアイ」もおもしろかった。また、来週が楽しみ。サーミーとせっちゃんが楽しみにしている「トリック2」はどうかな?

 今日、家の仕事で○山まで行った。途中新バイパスのあたりの分離帯に菜の花がたくさん咲いていて、とてもきれいだった。今日カメラを持っていかなくて、残念だった。カメラをいつも忘れずに持っていて、ああいう景色に出会ったら、必ず撮らなくては。

2002/02/09 Sat ☆2月9日LOOXS発売日

 なのに、現品は見られなかった。案の定。ヤマダ電機、コジマ、K'sケーズデンキと3ヶ所回ったけど、どこにもなかった。前のモデルT8/80も一度も現品を見ないままT9/80Mになってしまった。欲しいには欲しいけど、実物を見てみないとね。いつになったら、見られるかな。

 SonyのVAIOに新しいのが出た。バイオW。今朝からCMをバンバン流している。本体とディスプレイが一緒になっているんだけど、キーボードも一体になっていて、キーボードが上に上がって蓋になるタイプ。って言ってもよくわからないと思うから、知りたい人は電気屋さんで見てください。テレビも見られるし、ちょっと可愛い。でも、私はLOOXSが欲しい。

2002/02/10 Sun ☆な、なんと、雪が...

 夕方買い物に出たら、なんと雪がちらついていた。今日は寒くなるとは聞いていたが、雪が降るなんて。(喜んでいるのではないのです。寒いのは大っ嫌いなので)1件目の○インズ・ホームを出たころにはすっかり消えていたので、ほっとしたが、寒い。

 何が原因なのかわからないが、PCがまた変になってしまい、1時間近く再起動のやり直しをしていた。本当に機械のことがわからないから、心細くなるし、何でこんないいかげんなものを市場に出すんだぁと頭にくる。きっと詳しい人にはどうってことないんだろうけど。SAFE MODE とやらの画面からコントロールぱめるを開いて、「画面」のアイコンを開いて設定を買えてもう一回再起動して、何とか直ったかと思ったら、スマートメディアのリーダーを使おうとUSBの端子を差し込んだら、またおかしくなってしまった。なんて書いてあったかな?Windows保護エラーとか何とか。もう一回再起動したら SAFE MODE。再起動しなおして...この終わりなきループ。一体どうなるのかと思ったら、「ちゃんと終了されなかったら、チェックするよ」の画面になって、ギガギガギガ(PCの音のつもり)。その挙句、やっと直ったみたい。無事スマートメディアも使えたし。よかった、よかった。それにしても、機械オンチの私でも簡単に使えるようなPCが早くできないかしら。テレビみたいに、スイッチオン、スイッチオフがかんたんになってほしいんだけど。

 今日はタイ語のキーボードのブライドタッチについて書こうかと思っていたんだけど、思わぬ出来事で心が乱れてしまったので、また今度。

2002/02/11 Mon ☆ニュースステーションで納豆のことを...

 ニュースステーションで納豆の特集をやっていた。日本で一番消費されている県は福島県だった。私の両親は二人とも福島に関係があり、母は福島生まれ、父は東京だけどその父は(つまり私のおじいちゃん)は福島生まれ。私が納豆好きなのもやっぱりね。今日の番組に出ていた東京農大の先生、小泉武夫さんという方はどこの出身なのかしら。言葉から近いような(福島のような)気もするんだけど。いろいろな食べ方を紹介していたけれど、納豆に白菜漬けを入れる食べ方の紹介はなかった。もしやと思ったんだけどね...

2002/02/12 Tue ☆今日は中国の正月 それから ブライオニー?

 今日から旧正月、中国のお正月、恭賀新年。屏東でお正月をと誘われていたけど、諸般の事情が許さず、残念。台湾の皆さん、よいお正月を。

 それから、一昨日見たコマーシャルは誰だったんだろう。Panasonicの製品のCMだった。何の違和感も感じず、「あぁ、ブライオニ-がPanasonicのコマーシャルに出てるんだ。前に、タタ・ヤンも出ていたな。」と思い次のCMに入って、ア、そうだ、ここは日本だ。何で、ブライオニ-が?と、傍らのサーミーを見ると、サーミーも首を傾げていて、「今の、ブライオニ-そのものだったよね」と言う。私も思わず「うん、デモなんで日本のテレビに?」じゃあ、きっと人違いだ、いやそれにしてもよく似ている...結局どちらともつかず。

 昨日ネットを見ていたら、やはり同じように思った人の書き込みを見つけた。CMのサイトのアドレスが載っていたので、見てみた。キャンペーンガールについての詳細はわからない。2月15日に発表だって。なんだかいよいよ本物みたい。でも、じっくり写真を見ると、ちょっと違うような気も。はたして...15日がお楽しみ。

 注:ご存知でない方のために。ブライオニ-と言うのはタイの歌手で、我が家ではけっこう好感度が高い歌手。一色紗英によく似ていると思う。下の写真を見てね。

m020212

2002/02/13 Wed ☆とても怖い話 Part1

台湾人のKさんから聞いた、本当の話。

 Kさんがある日、目覚めると枕に血がついていた。が、特にどこにも痛みを感じなかったので、気にもとめずに会社に出かけた。仕事中、同僚に「耳のところがなんか変だよ」と言われたが、相変わらず痛みもないので、「大丈夫」とこたえていた。しかし同僚はさらに、「やっぱりなんか変だから、ちょっと見てもいい?」そして「いつもつけているピアス、今日は忘れたの?」と聞いてくる。「いいえ、いつもどおりつけていますよ」とこたえながらも、おかしいと思い、洗面所の鏡で見ると...。なんと耳にはピアスはなく、その代わり耳たぶが裂けていた。血は固まって止まっていたらしい。ピアスを探したが、会社にあるはずはなく、家の枕の上にあったと言う。痛みもないので、2、3日耳の様子を見たが、耳たぶの裂けたところが、どうもそのまま残りそうなので、形成外科へ行った。どの病院へ行ったらよいかわからないので、一番近くの病院を選んだ。

 たまたま選んだその病院で、彼女は形成外科の医師に会った。すると、その医師は彼女の顔を見るなり「また、あなたですか?」と言い、彼女もまた、その医師を見てビックリした。

 話はさかのぼること数年前、独身時代のことだ。以前住んでいた地を訪れ、そこで友人たちと久しぶりに楽しいひと時を過ごしていた。カラオケへ行こうという事になったが、彼女はお土産を買いたいからと、友人に先に行ってもらい、後から合流することにした。みやげ物も買い、友人の待つカラオケ屋へ行く前に、ふと別の友人に会っておこうと思いたち、その友人の家に向った。道路の反対側にある駐車場に車を止め、友人の家に向った彼女は、道路を半分まで渡ったことは覚えているのだが、その後は気がつくと頭の上に大きな光があって人が忙しく動いており、そのうちの一人は彼女に向って「大丈夫か、気がついたか?」と声を掛けていた。

 彼女は手術室で手術を受けていた。どうやら道路の真中辺りで、車にぶつかったらしい。頭を打って倒れているところをすぐ近くにあった
、その病院に運び込まれ、頭皮の縫合手術を受けていたらしいのだ。住所や電話番号もきちんと言え、友達や家族への連絡も無事ついたらしい。しかし彼女には、一つだけ心配なことがあったと言う。

  当時彼女は日本語を勉強し始めていて、頭を打ったショックで、それまで勉強した日本語を忘れてしまいはしないかと、頭の中で、あいうえお、かきくけこ...と復唱していたという。

 何日間か入院した後、退院となり、1ヶ月後に抜糸にやってきた彼女の頭を見て、担当医は「これはひどい」と言った。縫合したのは専門の医師ではなかったために上手くいっておらず、もう一度その場で縫合のし直しになった。手術の準備もすぐに整い、手術室に入った彼女を待っていたのは、縫合担当の医師の他に屈強な男性4人だった。部位が頭なだけに麻酔をかけずに縫合をすると言う。4人の男性は彼女の手足を抑える役目だった。「痛かったですよぉ」彼女は思い出してそう言った。

 彼女は、ちょうど日本で言うところの厄年だった。この事故の件で彼女の母親は占い師に見てもらった。他人の家の葬式に行って、(台湾の慣習で葬式を出した親族は腕に古銭を巻くらしい)、その古銭をもらって、彼女の腕に巻きなさい。そうすれば厄を逃れるでしょう。とのご宣託だったらしい。母親は帰り道に見かけた葬式に行き、わけをはなして古銭を分けてもらった。母親は彼女の腕にその古銭を巻き、ああ、これでもう悪いことはないね、と安心したのだそうだ。

 一月たって、その古銭をはずし、慣習に従って燃やした。もうこれですべて終わった。そう思ったらしい。ところがその日から、彼女の身体に異変が起こった。痛みを感じなくなったと言う。誰かにつねられても、唇を切っても、全然痛みを感じない。異常を感じた母親はまたその占い師を訪ねた。母親の話を聞いた占い師は、先日の帰り道に寄った葬式では、死者の死因が良いものでなかったために、却って悪いことになった。もうどうしようもない。後2回悪いことがあるが、その後は何もない、と言ったという。

 実際、その事故の後に、オートバイで出勤途中の彼女は、やはりオートバイに乗っていた老人にぶつかってしまった。スピードもそれほど出さずに走っていたのに、その老人の近くまで来ると何もしないのに急にスピードが出たと言う。幸い老人には怪我はなく、オートバイが少し壊れただけだったらしい。しかし会社に着いて、ヘルメットを取った彼女は、自分の頭に大きなこぶがあるのを見てビックリした。ヘルメットには何の傷もついていなかったのに。

 もう一度彼女を悲劇が襲った。友人とドライブをしていた時のことである。大きい道をはずれて少し山合いの道を走っていると、普段は出ない霧が出てきて運転しづらくなってきたと言う。霧の中をずいぶんと長いこと走っているなと思い、よく考えると景色がさっき見た景色を同じだ、ここもさっき見た景色だ。同じところをぐるぐる回っているようだ。何気なく止まった場所にあった電柱を見上げると、上の方に「天国は近い」と書いてあり、友人と二人何とかして帰ってきたのだと言う。

 こうして3度の災いの後は、彼女には悪いことも起こらず、結婚もした。そうして、幸せな日々を過ごしていたときに、ピアス事件は起きたのだった。ピアス事件の形成外科の先生は彼女が交通事故で運び込まれた病院の担当の医師で、何を隠そう、病院の近くで倒れていた彼女を担いで病院に運んだのもその医師だったのだ。当時はその総合病院の勤務医だった医師は、その後独立して開業医となった。それが彼女が何の気なしに選んだ病院だったのだ。彼女の耳は無事にその医師によって縫合され、耳たぶに裂け目が残るようなことにはならなかった。

 と、こういう話を今日はKさんがしてくれました。日本語教師の私は聞いているだけ...だったら、お金をいただけないので、助詞の間違い、動詞の誤用、意味の説明をはさみながら、今日はKさんの話す力を引き出す日ということにして、思い切り楽しみました。ここに書くことはKさんの了解済み。ピアス事件の時、Kさんが独身で、その医師と恋に落ちたって言うのなら、ロマンチックこの上ないんだけど、そこまで出来過ぎではなかった。それにしても、怖い話だったが、ここまで一生懸命日本語で話してくれたKさん、日本語を勉強し始めたころに、折角覚えた日本語を忘れないようにと祈ったKさん。本当に今日はお疲れさま、そして、ありがとう。

2002/02/14 Thu ☆Happy Valentine's Day

 昔はバレンタインディって言うと、何日も前から計画して、東京へチョコレートを買いに行ったものだ。私はGodivaのチョコレートが大好きで、一応サーミーにプレゼントする形は取るものの、実際は半分以上私が食べてしまう状態だった。

 ところが最近は、東京へ出かけるのも面倒になり、よほどのことでもない限り出かけない。タイ語の講習会以外で出かけたのは、先日のMy Birthday のお台場行きぐらい。チョコレートもセブンイレブンでお茶を濁すようになってしまった。今年はお台場に行った時に買ってきたので(それもほとんど私が食べてしまったけれど)、サーミーには、たまたま食卓の上にあったすでに封の切られているアーモンドチョコを一粒、「はい、これ」と言ってあげたら、「義理チョコ以下だ」と言われてしまった。

 女性からチョコレートを男性に上げるという習慣は日本だけのものだと知ってはいるけど、来年はもし行けたら東京へ行って、また、Godivaのチョコを買ってくるからね。今年は何人かから Happy Valentine's Day のEメールをもらった。全員が女性だった。さらに外国人だった。以前男性の生徒からチョコをもらったことがあって面喰ったが、チョコレートにせよ、メールにせよ、嬉しい。みんなが元気なので、なお嬉しい。

2002/02/15 Fri ☆なんかいろいろあったぞ

 その1 Panasonic のムーバP112iのコマーシャルのモデルはやっぱりブライオニ-だった。CMはタイで撮影したらしい。ブライオニ-のお父さんはアメリカとオーストラリアのハーフ、おかあさんはタイ人。身長は160cm、体重は40Kgとけっこう小柄なんだと言うことも、サイトを見たらわかった。http://www.panasonic.co.jp/mci2/p211i_briohny/

 その2 長い間欲しかったテンピュ-ルの枕を買った。スウェーデンで生まれた...と書いてあるけど、デンマーク製になっている。(ピーター・コープの国ね)。何でかなと思って調べてみたら、スウェーデンのファゲダーラ社が商品化したんだけど、現在製品はデンマーク工場で生産されているため、デンマーク製として販売されています、とのこと。前から欲しかったんだけど、1万円はちょっと高すぎると思っていた。が、どうしても快眠を得られず、今日思い切って購入した。なんだかよさそうな気がするけど、さあ、どうでしょうか?レポートはいずれ...

 その3 今日は金曜日。楽しみにしている『木更津キャッツアイ』を見ました。オジ-の帽子だけ海に浮かんでいたけど、オジ-、一体どうしちゃったんだろう?来週が楽しみ。

 それから、昨日、注文しておいた『POP ASIA』が届いた。LOSOのインタビュー記事は2ページだけ。まあ、こんなもんかな。セークがバンコクで東芝や三菱のモーターを売る店で働いていたなんてビックリ。それから、私が今一番好きなドラマー、ヤイが「本当はレッド・ツェッペリンのジョン・ボーナムが好き」だなんて。

 実は私、まだ成田が開港する前の国際空港だった羽田でジョン・ボーナムに会っているのです。本当は別のアーティストが来ると言う情報を得て、羽田空港にいたら、たまたまジョン・ボーナムがふらりと降りてきて、ビックリ。もちろんサインをしてもらいましたよ。ジミ-・ページじゃなくてがっかりしたのも事実だけど。キャーキャー騒いでいる私たちに、外国人(アメリカ人かイギリス人)が誰のサインか見せてって聞いてきたけど、見せても誰だかわからず首をひねっていたのが印象的。でも、そのときのサイン、一体どこにあるんだろうね。

2002/02/16 Sat ☆枕、いい調子

 テンピューレの枕を買ったことは昨日書いた。さあ、今朝目覚めてどうだったか?けっこういいですよ。私はうつ伏せで寝てしまうので、どうしても首を寝違えることが多かったんだけど、うつ伏せで寝ても枕が沈んで、肩とあごの高低差がなくなり、寝やすいみたい。あまり気持ちがいいので、今日はお昼寝もしてしまった。

 タイ語の勉強を少しまじめにやろうと思って、JTECSのタイ語検定の問題を引っ張り出してみた。合格してるんだから、目をつぶったってできるはずの4級に間違いがかなりあった。これはまずいよ。5月はともかく、秋には3級の試験を受けてみようかな、なんて思っていたのに。4級の復習からやらねば。う~ん、前途多難。

2002/02/17 Sun ☆前途多難

 そう、今日は日曜日で特に何の予定もないから、タイ語の勉強をしようと思っていたのに、この寒さで頭が痛くなり、さらに枕の気持ちもいいので、タイ語の勉強がお昼寝に変わってしまった。あ~あ、本当に前途多難。

 で、そのタイ語って言えば、私がふだん使っているキーボードはタイ文字のキーボード。あのLOSOも行っちゃダメだと言っているパンティップで買って来たもの。前は普通のキーボードカバーにmeew特製シールを貼っていたんだけど、ふにゃふにゃになってしまったので、前回渡タイしたときに買ってきた。キーボードを置く台が二段式になっていて、普段は上に乗っているタイ文字キーボードを、そして日本語の記号等でタイ文字キーボードでは出せないものは、下にある日本語のキーボードを引っ張り出して使っている。(下の写真を見てね)

 ひらがな入力をしていないから、アルファベットが書いてあるこのタイ文字キーボードでも十分なんだけど、ちょっと大変なこともある。文字が対応していないので、@を出すときは、Pの隣の、thoo-thaanとboo-bai maaiのキーを押さなくてはならない。(を表示する時も(は(の隣のキー。)は、(のキーを押さなくてはならない。「 と 」はしばらくの間、下の小さなキーボードを引っ張り出していたけど、(と)でできるとわかった。でも_や_はまだどうやったら出せるのかわからなくて、日本語のキーボードを使っている。(ってこれ、絶対理解不可能だよね。まあ、気にしないで、読みすすんで。要するに複雑だってこと。)

 なぜ、タイ文字のキーボードを使っているのかと言うと、タイ文字のキーボードでブラインドタッチができたら、きっと気持ちがいいだろうなと思ったから。はじめのうちは、指ばかり痛くなって、頭の中にある文がなかなか表わせなくて、本当にいやになった。英文タイプライターを習い始めた時を思い出しながら、時々タイポップスの歌詞なんかを打っていたら、今ではブラインドタッチにははるか遠いけど、結構気持ちよく打てるようになってきた。これで、タイ語の勉強をする環境は整ったんだけどね。いかんせん、寒くて...。

m020217

2002/02/18 Mon ☆今日の昼間は暖かだった。なのになんで夜はこんなに寒いの?

 今日はほんと、ポカポカを通りこして暑かった。特に車の中。フリースを脱ぎたかったよ。でも、こんな陽気だから、ちん君、気持ち悪くなっちゃったのかな。もう元気になっているといいな。

 なのに、今、夜です。寒い。トトも寒いらしく、私がちょっと席をはずしたその間に、ホットカーペットが載っている椅子を取られてしまった。その様子は今日のトトちゃんで見ることができます。よろしければ、どうぞ。暖かいイス取りゲームはもういいかげんにしたいね、トト。早く暖かくなあれ。

2002/02/19 Tue ☆変なPC

 今日も暖かだった。ディーチャイマーク レ サヌックマーク。今日はタイ語のレッスンの日なので、まだ頭の中にタイ語がちょっと残っている。レッスンと言ってもちゃんとしたものではなくて、キッサナー先生と私が、むちゃくちゃなタイ語と初心者の日本語ごっちゃ混ぜで話している。時々英語も混じる。でもそれが英語だって、話している本人しかわからないから、ますますわけがわからなくなる。当人同士でもわけがわからないんだから、もし第三者がいたら、気が狂うんじゃないかしら。

 今日のレッスンは急遽、ドライブに変更。だって、天気が良いんだもの。Kさんも(って名前バレバレじゃないの)楽しい、ゆうかったって喜んでいた。もちろん、「よかっただよ」と直しましたよ。所謂、Language exchange だからね。ドライブの途中、1時間以内ならただで使えるインターネットカフェ(-カフェ)を利用した。でも、そのPC変なのだよ。chaiyo.comにアクセスしてもつながらないし、アドレスが違っているのかと思って、goo,msn,googleで検索してもみつからない。さっき家のPCで調べたら、http://www.chaiyo.com/で間違いなかったよ。もう一度やってみようね。

 というわけで、頭の中タイ語日本語ぐちゃぐちゃ状態の火曜日。今日から楽しみが一つ増えた。11時から、NHKのドラマDモードで、クルンテープが舞台のドラマが始まるらしい。V6の森田剛が出る。私は三宅健のファンだけど、森剛もちょっと可愛いから楽しみ。まだ10時なので、これをアップしたら、テレビの前に座って待ちます。感想は明日にでも。

2002/02/20 Wed ☆怖くない話とちょっと怖い話

 2月13日に怖い話をしてくれたKさんが、今度は怖くない話とちょっと怖い話をしてくれた。

 Kさんのお父様が亡くなられた頃の話。急逝されたお父様は家で飼っていた犬をとても可愛がっていたとのことで、その犬もKさんのお父様にとてもなついていた。お父様が亡くなられてからは、いつも彼が座っていた椅子にその犬は座っていたと言うことだ。

 亡くなられて、四十九日が済むまでにこんなことがあった。ある晩、Kさんのお母様は寝ていて、ふと目が醒めると、足元が重いことに気がついた。まるで誰かが座っているように。「もしや、そこにいるのは…。あなたですか?」亡くなられたご主人が帰ってきたのだと思い、Kさんのお母様は話しかけた。「私は怖がりですから、怖がらせないで下さい。どうか、天国へ行ってください。」しかし、ご主人の霊は天国へ行こうとはせずに少し足元で位置をずらしたらしい。いよいよKさんのお母様は怖くなって、恐怖を振り払うように寝返りを打ったその瞬間。何かが床に落ちる音がした。ご主人の霊が…。恐ろしかったが、それでもお母様は勇気をふりしぼって、ベッドの脇の床を見た。するとそこには、蹴落とされた飼い犬がびっくりした顔でお母様を見ていた。

 しばらくたったある朝、その犬は血を吐いていて具合が悪そうだったが、夕方には死んでしまったそうだ。そんなことがあったある日、Kさんのお父様の弟、つまり叔父さんが訪ねてきた。「昨日、夢に兄が出てきてね。あの世で寂しいから、飼っていた犬を連れて行くよと言うんだ。それで、あの犬は妊娠していて、無事にあの世で可愛い子犬を産んだそうだよ。だけど一体何のことだろう。」

 その話を聞いたKさんとお母様はびっくり。実は、その犬は急死する前に仔犬を産ませようと知り合いの犬と交配をさせていたそうなのだ。ところが妊娠したかどうかわかる前に死んでしまったらしい。もちろん叔父さんは、そんな話は知らずに夢でKさんのお父様が言った話をそのまま伝えただけなのだが、あまりにも現実に合致しているので、これはまさしく事実だと思うほかない。

 お父様も寂しくて、大好きな犬を連れていったのね。その犬も大好きな飼い主に会えてきっとうれしかったことだろう。ちょっと怖くて悲しいけれど、お父様の気持ち、わかる気がする。

2002/02/21 Thut ☆花粉症とゼリーフライ

 花粉症状★★★(最悪)
 私は花粉症。今日は最悪だった。くしゃみが立て続け、鼻水も止まらない。もちろん頭はぼおっ。

 夜には何とかおさまり、BSで映画を見た。「カラフル」というこの映画自体はどうってことのない映画だったが、中で主人公が食べていたゼリーフライに目が止まった。

 ゼリーフライ?なんでゼリーなんかフライにするの?って思ったら、サーミーは知っていた。銭の形をしているから銭フライ→ゼリーフライで、けしてゼリ-を揚げているわけじゃないんだって。埼玉県のどこかで有名らしいよ。

 と、これだけの情報で、いろいろわかってしまう現代は、なんていい時代なんだろうとまたも思った今日。ネットで調べました。すると行田市のことで、この映画も行田市で撮ったということだ。お城が映っていたけど、忍城(おしじょう)というお城だった。映画の中のゼリーフライ屋駒形屋も実在する店とのこと。

 調べていくと、ゼリーフライトはおから、ジャガイモ、野菜、を小麦粉と水で練り上げて揚げたもの。これってサーミーが子供のころに食べた、あの肉フライに限りなく近いじゃない。

 でも、私の心をとらえたのは、「フライ」なるもの。エビフライや、イカフライのようなものではなく、お好み焼きとクレープを足して2で割ったようなもの。ソース味と醤油味がある。私は東京の下町で育ったので、もんじゃが大好き。今の月島もんじゃのように豪華なものではなく、10円玉を何枚か握りしめて「(切り)いかにしようか、キャベツにしようか、どちらにしようかな」という素朴なものだった。子供のころから小麦粉とソースになれているから、この「フライ」というもの、食べてみたいな。

2002/02/22 Fri ☆今日は猫の日

 2月22日。にゃん、にゃん、にゃんで、今日は猫の日。世界中の猫が幸せでありますように。

 金曜日といえば,今日も木更津キッズを見ました。おもしろいのはおもしろいんだけど,初めのようにめちゃくちゃ凝った作りがなくなってきたのはちょっと寂しい。つまらない。山口がぶっさんを乗せた車のナンバーが「いい奴さ(1183)」だったのはちょっとおもしろかったけどね。

 今日の花粉症状は★。朝1錠飲んだだけで、大丈夫だった。もちろんくしゃみ3連発くらいはあったけど。昨日に比べれば。サーミーが今日は酷かったみたいでかわいそうだった。

 確定申告の用紙が今年から変わった。というのは、知っていたけど、今日はじめてみた。というか、今日、やっと封を切って中を見た。基本的には同じなんだけど、若干違うところがあって、専従者控除をどの段階で差し引くのかとか、しばし悩んでしまった。本当はこういうの大の苦手だから、やりたくないけど、これが仕事だから、仕方ない。

2002/02/23 Sat ☆確定申告できあがり

 確定申告を無事作り終えた。月曜日に提出しよう。お疲れさま。

 午前中その仕事をやり、午後からは天気もいいし出かけた。ここのところ凝っているラーメンは『山小屋』の高菜が入ったラーメンなんだけど、ちょっと遠くてそういつもは食べられない。『山小屋』よりも近場に結構おいしいラーメンを見つけ、最金お気に入りなのが『九十九ラーメン』。

 恵比寿に本店があるとんこつラーメンのチェーン店らしいが、私はそれほどラーメンに詳しいわけではないので、よく知らない。東京で生まれ育ったmeewは、札幌ラーメンをはじめて食べた時に度肝をぬかれたけど、やっぱりラーメンは醤油だと思っている。基本的にとんこつラーメンは嫌いなんだけど、ここのラーメンに高菜をのせるととてもおいしい。ネットで評判を聞いてみたら、本格的なとんこつ味ではないが、、、とあって、妙に納得。今日はサーミーが替え玉を頼むものだから、つい手伝って半分もらったら、夕飯を食べられなかった。もっとも、昼を食べたのが2時ごろではあったけど。おいしいものも腹八分目が肝心。 

2002/02/24 Sun ☆大手拓次のこと

 私の好きな詩人の一人、というより一番好きな詩人。それが大手拓次だ。中学生の時に『女友(じょとも)』(思わず懐かしいと思ってしまった。正しくは、『女学生の友』と言った。女学生だって!なんだかねえ)か『小説ジュニア』か忘れたけど、当時読んでいた雑誌の中に、今月の詩とか行って紹介されていたのが、大手拓次の「風のなかに巣を食ふ小鳥」だった。確か2月頃のことだったと思うが。

 風のなかに巣をくふ小鳥
     ――十月の恋人に捧ぐ――

あなたをはじめてみたときに、
わたしはそよ風にふかれたやうになりました。
ふたたび みたび あなたをみたときに、
わたしは花のつぶてをなげられたやうに
たのしさにほほゑまずにはゐられませんでした。
あなたにあひ、あなたにわかれ、
おなじ日のいくにちもつづくとき、
わたしはかなしみにしづむやうになりました。
まことにはかなきものはゆくへさだめぬものおもひ、
風のなかに巣をくふ小鳥、
はてしなく鳴きつづけ、鳴きつづけ、
いづこともなくながれゆくこひごころ。

これを読んだ中学生が(meewのことね)、なぜか気にいってしまい、大手拓次の詩を読み始めた。幸せな気分になるとか、楽しくなるとかそういうのではないけれど、ちょっと違った気分になれるので、とても好きだった。

 高校の現国の時間に津守先生に「好きな詩人は?」と聞かれ、「大手拓次です。」と胸を張って答えたら、「ずいぶん変な人が好きなんだな」といわれて嬉しかったことを覚えている。

 昨日の夜、ネットでふと大手拓次についてかかれているのをみつけて、また読み返したみた。「風の中に巣をくふ小鳥」は記念すべき詩ではあるが、「藍色の蟇」や「球形の鬼」のようにリズミカルではないし、一番好きな詩ではない。夜中に一人で読んでいると、ちょっと不気味な感じがするようになってきたのは、以前のように盲目的に大手拓次の詩を読んでいないからかなと、いい方に解釈してみたけど。年をとるって、若いときみたいに簡単に感動できなくなってくることなのかもしれない。だからこそ、若い頃に大手拓次に出会ってよかったと思っている。 

2002/02/25 Mon Mon ☆きょうはGeorgeのBirthday & 昨日の続き

 2月25日は去年亡くなった、元BeatlesのGeorge Harrison の誕生日。中学生の頃からBeatles、特にGeorgeが好きで、毎年この日はGeorgeのお誕生日だって思ってた。今年も同じようにGeorgeのお誕生日だって思ったけど、でも、当人はもういない。ちょっと悲しいね。

 昨日の大手拓次の続きをちょっと。 大手拓次の初恋の人が山本安英だと言うことは、知っている人は少ないかもしれないけれど、その世界では有名な話。山本安英は今はもう亡くなられているが、夕鶴で有名な女優。実は、私は大手拓次の初恋のことを知らずに、ずうっと山本安英にあこがれていた時期があった。これも懐かしい中学生から高校生にかけての時期で、その影響で演劇部に籍をおいていた事もあった。後にこの二人の関係を知って、とても驚いたなんて言葉じゃいえないくらい驚いた。大手拓次は本当に恥ずかしがり屋の人で、同じ職場にいた、山本千代(安英の本名)さんと口をきいたのはほんの数回だったらしいが、山本安英の方は大手拓次の気持ちには当時まったく気がつかなかったという。山本安英はじきに女優の仕事が忙しくなり、職場を離れ、その後二人が会うこともなかったと記憶している。

 私の好きな二人がこんなふうに縁があったなんて、無性に嬉しい。大手拓次は若くしてこの世を去り、山本安英は86歳まで「おつう」を演じつづけた。後に大手拓次の恋心について、山本安英は「その頃はまだ子供で、大手さんのそのような気持ちにきずくことすらできなかったが、私のことをそのように思っていてくれてとても嬉しい」と語った。それをきいて、まるでじぶんが大手拓次のように嬉しかった。

 そして、この話のおまけ。実は山本安英の誕生日が12月29日だと言うことを、この日記を書くのにネットでいろいろ調べていてわかった。なんと、12月29日は私が10年以上にもわたって大好きだった(今はふつうに好き)、ある歌手の誕生日なのだ。(あ、間違っても浜田省吾だ!なんて思わないでください。それは違います)なんだか赤い糸がはりめぐらされているなぁ。

2002/02/26 Tue ☆お雛さまを見てきた

 meewの住んでいるところもK市なんだけど、ちかくのやはりK市にお雛さまを見に行ってきた。部屋中にお雛様が飾ってあって、一体いくつあるのかわからなかった。そのほかにもK市内には何ヶ所かお雛さまが飾ってあるらしいのだが、そのうちの一つ、T神社に飾ってあるのを見に行った。下の写真がそれ。この参道の階段に飾ってあるお雛さまは毎晩閉まって、毎朝飾り付けるらしい。なんと大変なこと。テレビでもずいぶん取り上げられているので、見た人もいると思うけど、すごいの一言でした。

m020226

2002/02/27 Wed ☆眠~い、花粉症のせい

 今日の花粉症度★★★ ダンリッチを2錠飲んでもくしゃみが止まらない。日本語の授業があるので、仕方なくもう1錠飲んだ。何とか症状はおさまったものの、帰りの車は、めちゃくちゃ眠かった。夕飯の後、横になったら、少し寝てしまった。

 本当にこの季節、いやになってしまう。早く終わらないかと思うが、連休の頃まで続くんだろうな。あ~あ、憂鬱。

2002/02/28 Thu ☆2月も今日でおしまい

 早いなぁ。もう2月が終わり。明日から3月だ。

 花粉症やら肩こりやらで、ぐだぐだしているうちに、時は確実に過ぎていくのね。一体何をやっているんだろう、私は?心を入れ替えて、来月は頑張ろう!(って、一体何回こういう事を言ったことか...)

|

« 2002年1月 | トップページ | 2002年3月 »