« 2001年11月 | トップページ | 2002年1月 »

2001.12.31

2001年12月

☆2001/12/01 Sat いよいよ 師走!
 いよいよ師走、12月ですね。今年も、あっという間に最後の月になってしまった。毎年毎年思うんだけど、どうしてこう、月日のたつのは早いんだろう。

 12月なので、それっぽい壁紙にしました。といっても来月になると変わっちゃって、2月になるとまた違うのになってしまうんだけど。とりあえず、12月の間だけは、このクリスマスリースです。

 今日のmeewさんは、いつものようにぼうーっとして、たいしたこともしないですごしました。午前中に1件、家の仕事を手伝って、午後から買い物に行って、夜はすき焼きを作って、おなかがいっぱいになって横になったら、とても気持ちがよくてうとうとしてしまいました。私はこんな風に元気に暮らしているけど、トトは昨日、ちょっと大変だった。

 いつもよりはやく夕飯を欲しがるので、あげたんだけど、ちょうど私たちが夕飯を食べる頃に吐いてしまった。ここのところ調子がよかったので、安心していたけど、トトももう10歳。ちょっと心配。今朝はいつも変わらず。でも、ずっと寝ていて、私がうとうとしていた時も寝ていた。9時近くになって、やっと欲しがったので夕飯をあげたけど、トトちゃん、元気なの?大丈夫だよね。元気そうなんだけどね。

 ところで、ここ半月ほど使っていてとてもよいのが、トトの新しいトイレ。花王の「ニャンとも清潔トイレ」っていうんだけど、とてもすぐれもの。構造とかは上手く説明できないので、省くけど、上の砂と下のマットに分かれていて、すのこ状の上にのっている砂には匂いがつかず、すべて下のマットに流れ落ち、下のマットの中に匂いごとくるまれる。うんちゃんの方は砂の中に残るんだけど、それだけ取り除いてあげればOK。マットは1週間に1回の交換。砂(というかチップね)は2ヶ月に1回の交換でOKとのこと。実際に使ってみないと、この良さはわからないと思うけど、使い始めてから我が家ではトイレの匂いが皆無に等しくなった。トイレの交換は全然苦ではなかったけど、このトイレを使うようになって、わがサーミー(夫って意味のタイ語ね)も、気楽にトイレの後始末をしてくれる。本当にトイレの匂いがなくなって、都会のマンション暮らしの猫にもぴったり。教えてあげるところがないのが、ちょっと残念。

☆2001/12/02 Sun 日本語能力試験
 ここのところ、ずっといい天気。今日こそはいい天気でと思って起きたら、最高の天気。今日は、日本語能力試験なんです。Lさんが受けに行っています。落ち着いて頑張ってね。

 ぽかぽかして暖かい日曜日は、とてもうれしくなる。なのに、サーミーはお仕事で打ち合わせ。その間、私はインターネットで猫のサイトを見て遊んでいた。なんてのどかな昼下がりなんだろう。途中、トトは一回私の様子を見に来たのか、上の部屋から降りてきたけど、おもしろそうなのがないと見てとると、また上がってといって昼寝の続き。なんでもないことでも、何も問題がないってことだ思うと、幸せな気分になる。特に用もないのに、トトを起こしに行って、思い切り背伸びをさせた。本当にのどかな昼下がりだった。
 

☆2001/12/03 Mon 花粉症お見舞い申し上げます
 誰が花粉症って?うちのサーミー(夫)です。私も花粉症なんですが、まだあまり症状は出ません。でも、うちのサーミーは連続ヒステリックくしゃみのオンパレード。薬を飲むと眠くなるので、あまり飲みたくないらしいけど、このくしゃみが嫌いなのが、トト。彼はくしゃみが大嫌いで、人がくしゃみをすると、口の周りを震わせて、「ケケケケ..」と変な音を立てて、一種のフレーメン現象を起こします。もう、本当に嫌そうな顔をするので、笑ってしまいますが、一番迷惑をしているのは私です。サーミーのくしゃみと、トトのケケケケ..とダブル攻撃です。

 ところで、くしゃみが嫌いなトト。彼もよく、くしゃみをします。猫もくしゃみをするんですよ。どういうわけか、一緒に寝ているときによくやります。寝ていたのに、突然顔だけ起こして、人の顔めがけて、くしゃ~んとやるんです。鼻水が、顔を直撃するとことも。そして、またすやすやと...。人のことはあんなに嫌がるのにね。

せっちゃんへ
牛角って、浦安にもあったよ。北栄だから、東西線の方だね。(以上個人的な伝言でした)

☆2001/12/04 Tue 久しぶりの雨 と ちょっと悲しいニュース
 雨です。久しぶりの雨。朝起きた時に何か違和感がしたのは、起きた時間がいつもより遅かったのと、雨が降っていたからでしょう。久しぶりの雨でも、やっぱり雨は嫌い。
 
 特に、ここのところ、晴天続きで暖かかったのに、今日は(天気予報によると)「クリスマス前後の寒さ」だそう。とくに午前中と昼過ぎにかけては日もあまりささず、暗い日でした。午後は少し日が出てきて、すくわれたけど。

 幸い日が出てきた午後、Lさんの所へ行ってきた。スーツケースが出してあるので、あれと思ったけど、まあ、知らん顔をしていた。すると授業のはじめに、「先生、来年の1月に国へ帰ることになりました。」何回聞いても、いやな台詞だなあ。ご主人の仕事の都合で仕方がないんだけど、別れるのはいつも悲しい。国に帰ったら、遊びに行くからね。

☆2001/12/05 Wed そろそろ年賀状の準備をしなくちゃ
 今日郵便と一緒に、年賀状の葉書のお知らせが入っていた。

 もう、そろそろ年賀状の準備をしなくちゃね。まだ葉書を買っていないので、そろそろ買いに行かなくちゃ。その前に、お歳暮のことも考えなくちゃならないし...。師走はたいへん。

☆2001/12/06 Thu とても寒い日だった
 今日も寒い日だった。これからどんどん寒くなるのかと思うと、本当にいやになってしまう。タイからやってきたKさんも日本の寒さには、参っているようだが、私も同じ。ああ、タイに行きたい。

 明日は大雪(たいせつ)とか。関東地方も北の方では雪が積もると言っていた。そんなニュースを聞くだけでも寒くなる。でも、このへんは、明日は晴れるらしい。ちょっとほっとした。

☆2001/12/07 Fri Kさんにはじめて会った日
 今日はKさんにはじめてあった日。私のわけのわからないタイ語に一生懸命つきあってくれた。やはりタイ人でにほんごもぺらぺらなJさんは、「大丈夫だった?ちゃんとタイ語通じた?」と心配そうだった。私は大丈夫だったと思うけど、どうかな?あとでKさんに聞いて。

 以前は日本語がほとんどわからない外国人に、日本語を教えることもあったけれど、最近の生徒はみな、日本語がかなりできる人ばかりなので、レスコミュニケーションを久しぶりに味わった。Kさんまだ日本語がほとんどわからないので、しかたなく私のタイ語に付き合ってくれたが、じきに問題なくなっていくんだろう。そう思うと、こうやって、何年もタイ語を勉強しながら、全然上手にならない自分がもどかしい。
 

☆2001/12/08 Sat 12月8日と言えば…
 そう、今日は12月8日。12月8日といえば何の日でしょうか? 
 
 私たちの世代(40代ってことです)だと、John Lennonが、Dakota Houseの前でMark Chapmanという男に撃たれて亡くなった日という答が一番多いのではないかと思う。J.F.Kennedyが死んだ時、あなたはどこにいたか?という問いがあるが、これとおなじような、Johnが撃たれた時どこにいたか。この質問には簡単に答えられる。忘れっぽい私にとって、忘れられない瞬間だからだ。友だちののりちゃんから「Johnのニュース、知ってる?Johnが撃たれて死んだって言うニュース」という電話がかかってきた時、私はコタツでみかんを食べていた。その10年前に、ラジオを聞いていた時「突然ですが、」という、今は社長になった亀淵昭信の声、それだけで、「あ、Janis Jopplinが死んだ」とわかった私とは大違いだった。Johnが死んだって、のりちゃん、なに言ってるの?まさかとおもった。冗談を言っているんだと思った。これからのJohnが楽しみだったので、信じたくない思いだった。

 私たちの世代では「John Lennonが死んだ日」でも、もうすこし年配の人たちには違う日だろう。歴史的にはこちらの方が重要だ。「真珠湾を攻撃した日、つまり太平洋戦争がはじまった日」

 12月8日は何の日かと聞かれて、どちらを答えるかで、年代がわかるね、、、なんて話をだいぶ昔に友達と話したことがある。でも今の若い人はそのどちらも身近な話題じゃなくなってるんだろうな。さらに的外れな答になってしまうかもしれないが、ここ何年かは、私の中では、12月8日といえば、この日だ。

「バード・トンチャイの誕生日」

 Thai Popsファンの人ならわかるトンチャイ・メーキンタイ(タイの国民的歌手)も、日本人の間では誰それ?さらに、もうバードも若い人たちのアイドルではなくなりつつあるから、12月8日も遠くなるなと感じながら今日は日記を書きました。
 

☆2001/12/09 Sun 今日はナショナル・ホリディ・パーティ
 ナショナル・ホリディ・パーティって、何のことはない、クリスマスパーティ。私が住んでいるところの国際交流協会で、パーティを開いた。時節柄、クリスマスパーティなのはみえみえ。サンタさんの格好をしていたものね。でも、宗教的な理由で、クリスマスと名のれないから「ナショナル・ホリディ・パーティ」。

 久しぶりに参加して、椅子取りゲームなんかやったりしてちょっといい運動。今日はこのあたりに在住している外国人が、子供たちを連れて参加しているのが目立った。以前、日本語教室で日本語ボランティアをやっていた時の学習者が来ていた。最後に会った時は結婚したばかりでちょっと不安そうだったGさんが、二人の女の子のお母さんになっていて、ビックリ。また、全然日本語なんて話せなかったNさんの男の子が、日本語ペラペラになっていて、もちろんお母さん(外国人)よりも上手になっていて、それにもビックリ。以前は赤ちゃんだったこともあったけど、話が通じなかったのにね。子どもの学習能力にあらためて、感激。

☆2001/12/10 Mon 風邪をひきそうになって、焦った、、、
 昨日のパーティで、寒い思いをしたからか、さらに、ふだん人が多く集まるところへ出かけない生活をしているからか、風邪のひき始めのようだ。
 
 午後から、頭が痛い。頭が痛いのはいつものことだが、痛みの種類が違う。それにちょっと熱もあるみたい。昨日の人ごみがいけなかったかな。用心してフリースをいつもより多く着込んだ。(それにしても、このフリース、1000円とは安いよね。)夕飯の支度をしている時は、ちょっとふらつく気がしたけど、お腹いっぱいキノコ類をたべたら、寝る前には(キーボードを打っている今のことね)元気を取り戻した。(注:私はキノコが好きだと思わないように。むしろ嫌いなもののナンバー1です)今日は寒かったからな、、、なんて思いながら、暖かくして寝ます。では、おやすみなさい。

☆2001/12/11 Tue やっぱりその国の言葉ができないと、大変
 今日は日本語を教えるお仕事をした。二人続けて違う内容で授業をしたので、準備が大変だった。休みなしでぶっ続けなのでちょっとこたえる。そのためだけじゃないんだけど、今日は夕飯作りはサボってしまった。 Denny'sに食べに行った。
 
 久しぶりに行ったら、お客様のご要望により禁煙席を増やしましたと張り紙がある。これにはちょっとうれしかったが、喫煙席をはさんで、両側に禁煙席。それに部屋を分けてはいないので、煙草の煙は自由自在。まだまだ改良の余地は山ほどある。

 ってこのことを言いたかったのではなくて、、、。Denney's で食事をした後、遅くまでやっているスーパーで牛乳と卵を買って帰った。そのスーパーでの話だ。ただでさえ白人は目立つのに、とても大柄なので、いやでも目に入る二人組の男性が買い物をしていた。一人がサーミー(何度も言うけど私の夫ね)に"Do you speak English?"と声をかけた。 English なら、私の担当でぇす。「はい、なに、なに」ほんのちょっと離れていた私が、゛Yes, I do."としゃしゃり出ると、その男の人、ちょっと不安そうに私を見ていたけど、助けてくれぇと話し出した。コーヒーを飲みたいんだけど、sugarless の○×*□がほしいんだと。なんか商品名みたいのは聞き取れなかったけど、言いたいことはわかったから、安心してついてきな、旦那達。って、本当はどこにあるかわからないから店に人に聞いたんだけど。無事お目当てのものがみつかって、彼らは私に出会わなかったら、どうしていいかわからなかった。ここいらにはえいごをはなすひとがぜんぜんいないんだから。ああ、これでコーヒーを飲むことができる。と、大喜び。思わず、日本語を教えてあげようかと、言いそうになったよ。

 ここいらあたりの名誉のためにいっていおくけど、英語を話す人はわんさといるし、英語を理解する外国人だってたくさんいるからね。たまたま彼らは運が悪かっただけのこと。なんだけど、やっぱり、その国の言葉が喋れないと、こまるのよね。そう思ってタイ語を一生懸命勉強しようとまた、気持ちを新たにしたんです。

 でも、なんだってあんなに不安そうな顔をしたのかな。私が英語を話すって言った時に。じゃ、仕返しにお決まりの質問をしてやろう。HERB これをなんと発音すのかっていう質問。(どういう仕返しなんだか)イギリス人だというから答はわかっていたけど、案の定、ハーブでした。

☆2001/12/12 Wed HERBについて
 今から30年位前、私は英語学校に通っていた。けっこうまじめに英語を勉強していたのだ。その頃 often の正しいとされる発音は[オーフン]だった。ニューヨーク出身のDavidとシカゴ出身のPaulが、メインの先生で、彼らは[オーフン]と言った。2年目に新しい先生が来た。Kenと言った。彼はカリフォルニア出身だったが、[オーフトゥン]と言った。[オーフン]じゃないのかと聞いたら、いまどきみんな[オーフトゥン]と言うよ。それが彼の答だった。前の二人よりずいぶん若かった。兵役につく代りに英語を教えに来たとも聞いた。2001年の今、アメリカではもうみんな[オーフトゥン]って言っている。時代の流れを感じるな。(このKenは後に日本人と結婚するのだけど、当時日本語を習っていて、私たち生徒に日本語で話しかけたがっていた。ある時、帰りが一緒になって御茶ノ水の駅まで歩いたことがある。その時、彼は私に日本語で話して私は英語で話した。20年以上たって、この2ヶ国語会話をまたやり始めた。)

 4,5年前に、カンザスから来た若い女性が言った。アメリカ人は絶対にハーブティーとは言わない[アーブティー]と言うと。私が英語を習っていた頃、アメリカ人はハーブと言っていた。実際この話の少し前、アメリカ人がハーブと言うのを聞いた覚えがあったので、ハーブとアーブの境はどこか、知り合うEnglish Speaker にこの質問をするのが、これ以降私の常となったのだ。

 そういうわけで、昨日のイギリス人にも聞いたのだが、イギリス人は必ず[ハーブ]、アメリカ人はちょっとわかれて、若い人は地域に関係なく[アーブ]、30歳を超えていると中西部では[ハーブ]という。西部では都市に関係なく[アーブ]のようだ。東部はよくわからない。

 おもしろいのは、アメリカ人で若い人たちは HERB TEA を ハーブティーと発音するはずがないと信じていること。知り合いのイギリス人に聞いてご覧と言うと、次にあったとき、信じられない、友人のイギリス人はハーブティーと言ったよと言う。まあ、私はあなたが生まれる前から英語を勉強してるんだからね。時間だけは長いのよ。実力はともかく。

 もうひとつおもしろいこと。男性の名前のHERBは絶対にハーブだ。アメリカでも。アーブ・アルバートとは言わないものね。

☆2001/12/13 Thu タイ人の言う「声のいい歌手」
 タイポップスを聴いているにしては冷たい言い方かもしれないが、タイ人の歌手にはあまりいい声の歌手がいない。稀にいい声だと思うと外国人の血が入っていたり、中国系だったりする。

 女性の歌手で言うと、Tata Young とか Nicole とかはいい声だと思う。でも彼女たちは父親がアメリカ人。男性では、Mr.Teamのボーカルが珠玉だと思うけど、彼も見るからに中国系。J.Jetrinも私に言わせればいい声をしている中国系タイ人。

 唯一このルールに当てはまらないのが(あくまでも私だけの規準ですから、悪しからず)、Thai Thanawut だ。彼はいい声をしている。

 いい声をしていないからよくないというつもりは毛頭ない。タイポップスとは関係なく私が好きなV6の三宅健。私は彼の声が大好き。でも、いい声だと言いません。おもしろい声だけどね。

 タイポップスで今夢中なのは、もちろんLOSO、そしてKALA。LOSOの福岡のライブでもタイ人留学生の女の子が言っていた。Sekはいい声をしている。タイ人のKさんも同じ事を言っていた。さらにKさんは車の中でかかっていたKALAを聴きながら、Numもいい声だと言った。日頃サーミーにNumの声ってよくないねと言っていた私は、ちょっと意外だった。タイ人にはああいう声がいい声なのかな。そうすると、タイ人歌手にいい声の歌手がいないと言っている私の規準がおかしいのかな。まあ、私の規準は、私の規準ですから。

 タイポップスを聴くようになったきっかけが、「P Bird の声にひと目(聴)惚れ」だから、声については、こうみえても、いろいろ考えているのよ。私なりに。

☆2001/12/14 Fri 今日は結婚記念日
 何回目の結婚記念日かはちょっと秘密にするとして、今日は結婚記念日。実は私には野望があるのだ。(野望ってほどでもないけどね)

 30回目の結婚記念の時に(これって真珠婚というらしい)、やりたいことがある。それはバンコクにある憧れのリージェントホテルに泊る事。リージェントに泊るのを特別のことにしたいから、なんとなくそう思いついたんだけど、ちょっと素敵でしょ。

 今泊ろうと思ったら、別に泊れないこともないんだけど、ちょっともったいぶって、夢を夢として楽しんでいたいっていう気持ち。実現するかどうかは別として、夢、野望。

 ちなみに今日は赤穂浪士の討ち入りの日でもある。また、父親の誕生日でもある。私が子どもの頃、父が機嫌のいい時など「社会科の時間に、12月14日は何の日だと聞かれたら、父の誕生日だと言え」なんて冗談を言っていた。こんな時は大抵お酒がすすんでいたけど。

 父親の誕生日に結婚するなんて、なんて親孝行だと思うかな。実はこの日は父本人がカレンダーを見て、日がいいからこの日にしろと言って決めたものなのだ。他にも日のいい日はあったのに、お父さん、わざと選んだかな。まさかね。

☆2001/12/15 Sat 今年もあと半月
 今月も後半分を残すところになった。つまり今年も後半月。風邪をひいたりしないで、元気に新年を迎えたい。そう思っているのに、なんだか腰痛が。大事にしているけど、かばいすぎて、背中が痛くなってきた。もう少し体を鍛えなければ。来年の目標にしようかしら。
 

☆2001/12/16 Sun 来年のカレンダー作り
 PCを買って、こんなこともやりたい、あんなこともやりたいといろいろ思ったが、そのうちのひとつが実現した。

 毎年年末になると、『猫の手帖』という雑誌の付録にカレンダーがつく。365日違った猫の写真が載っているもので、毎月、(今月はどの猫が一番可愛いかな?)と楽しみにみている。これをうちの猫でやりたかったのだ。去年はどうやっていいのか分からなくて、まだまだと思っていた。今年はPCの使い方も少しわかってきたので、何とか頑張ってみようとやってみた。
 
 どうってことはない。WORDで表を作って、写真を貼って、下に日付を入れる。とまあ、こんな簡単なものだけど、写っているのが、可愛い我が家の猫たちだから、見ていて楽しい。猫たちというのは、現在いるトトだけじゃなくて、モモちゃんもぽぽちゃんも一緒だから。これで来年は楽しい一年になることでしょう。
 

2001/12/17 Mon タイタイ病が再発?
  タイタイ病、再発の予兆。今日本語を教えているLさんが来月のはじめに国に帰ってしまう。もう一人もとりあえず今月で終わる。つまり、来月からまとまって時間が取れるということだ。

 そのことに気がついたら、タイタイ病が再発してきた。タイタイ病というのはタイに行きたいと思ったり、タイのことばかり考えてしまう病気。私にとって、腰痛と同じくらい身近な病気。

 そうなると、「考える」のはどこまで行っても自由で無料だから、1ヶ月ぐらいまとめてタイに行こうかなどと考えてしまう。前々から夢だったタイ語ミニ留学。いろいろと調べた結果、学校はわりと新しくできた"UNITY THAI LANGUAGE SCHOOL"がいいかしら。すると宿は、スクンビット。すぐ前にある Grand Pacific は Delta がついていた頃に利用して、その時に嫌な思いをしているからなぁ。すぐとなりのSheraton Grande は高すぎるし。そうだ、向かい側の City Lodge なんか手頃かな。などと、赤毛のアン状態。

 Lさんとの別れをこんな形でごまかしているのかな。

☆2001/12/18Tue 日本と台湾の粉ミルク事情
 「日本とタイの粉ミルク事情」って、日本の粉ミルク事情を知らないのに、えらそうに書いてしまいましょう。

 今日台湾人のKさんと話をしていて、すごい違いに気がついた。それは粉ミルクのこと。Kさんはただいま育児の真っ最中。一方、私は子どもを育てた経験がないので、実はよくわからないのだが。台湾では2,3歳になってもミルクだけを摂取して育つ子がけっこういると言う。私は、牛乳だけ飲んでる図を想像して、おりょりょと思ってしまった。さらに彼女は、日本に来て、粉ミルクの種類の少なさに驚いたと言う。粉ミルクにどんな種類があるのかわからないが、これはどうも私が想像しているようなレベルの話ではなさそうと、思ってよく聞くと…

 台湾では共稼ぎの夫婦が多いので、あまり子どもに手をかけていられないらしい。日本でいわゆる離乳食を与える頃に、台湾では離乳食に相当するものをミルクといっしょにして哺乳瓶で与えると言う。「スプーンで食べさせていると時間がかかるでしょ。」つまり、日本で離乳食といって売られているものが、台湾では粉ミルクと一緒になっていろんな種類の粉ミルクとして売られているらしいのだ。2、3歳になって牛乳だけ飲んでいるわけではなく、内容的には日本人の赤ちゃんが食べているのと同じようなものを摂取しているらしい。それにしても、哺乳瓶の中のミルクに肉じゃがやかぼちゃプリンが入っているのって、大人がカロリーメートを食べているのと同じ感覚かしら。

  meew らしくない話題なので、ちょっと meew らしいオチで。実は赤ちゃんの離乳食と言うのを利用していた時期もあるのだ。それは子猫を飼っていた時。まだ歯がちゃんと生えていない子猫のために、「白身魚のクリーム煮」とか、「玉子おじや」とか買って子猫にあげていた。(ただしくは「やっていた」ね)なんだか懐かしいなぁ。
 

☆2001/12/19 Wed JUSCO
 私はJUSCOをよく利用する。お、するってぇと住まいは東京じゃあないね。とおっしゃるあなた、するどい。聞くところによると、JUCSOは、23区内には1、2店しかないらしい。JUSCOへは地下鉄で行くより、車で行く方が似合っている。

 今日は水曜だから、JUSCOは休みかな。いやいやこの年末に休むわけないね…なんて思いながら、背中のおひさまのぽかぽかが気持ちよくてボケ-ッとしていたら、TVのケーキに苺を飾っているお父さんのCMが目に入った。この音楽は、JUSCOだ。そうか、19日、20日はJUSCOの日。5%OFFか、じゃあ行かなくちゃ。

 JUSCOといえば、いまクリスマスのキャンペーンで、ジミ-大西が書いた「トーテンくん」とかいうクリスマス用のラッピングをしてくれている。私はジミ-君の絵が好きで、このキャンペーンを知ったときに、わあ、この包装紙、欲しいなと思った。ラッピング代は助け合いのために寄付をして下さい。そう書いてあった。

 もう2週間ほど前になるが、私用にパジャマ(それも格安の)を買った時に、ジミ-君の包装紙を譲ってもらえるかどうか聞いてみた。すると、お売りできませんとつれない返事。「じゃあ、このパジャマをつつんでください。」はい、それならいいです。包装紙代はこの箱に寄付をして下さい。10円以上ということなので、ケチな私は奮発した気になって20円入れてきた。ちょっと早いけど、私から私へのクリスマスプレゼント。それにしてもこんな特価品のパジャマなのが残念。

 ジミー君の絵は大胆で繊細で、私は大好き。家に帰るとさっそくテープをはがした。折り目はついてるけど、うれしい。取っておいた包装紙の写真を撮ってみた。こんな絵です。↓

m011219

☆2001/12/20 Thu 車のカーステレオが病気
 実は夏ごろから具合が悪かったのだ(車のカーステレオのことね)。梅雨の終わりごろなので、湿気のせいかなとも思っていた。何枚かのCDは認識してくれるんだけど、まったく認識せず、音が出ないCDが何枚かあった。私はタイの音楽しか聴かないので、全部タイのCDの話。もし日本のCDをかけたら、かかったかもしれない。(でもやってないから、わからない)それでも調子がよければ、認識してかけてくれるCDを3、4曲分かければ、他のCDもかかった。それで良しとしていた。

 ところが、夏が終わって秋になってもカーステレオの具合はあまりよくならない。特に最近は本当に機嫌が悪くて、ほとんど認識してくれない。秋ぐちには、J。Jetrin や Dragon 5等けっこうあったのに、なんと今は、1枚だけ。なんとそれは(本当なの)、LOSO の Red Album。カーステレオのご機嫌を直すためにかけたけど、最後まで聴いてしまったこともしばしば。

 週2回の通勤の間、音楽無しでは絶えられない。片道1時間ほどかかるから最低でも週に4時間は LOSO ばかり聴いていたこともあった。が、最近のお気に入りは KALA だ。私が持っているKALAの3枚のCDはことごとく拒絶される。そこで、テープ登場!前回の渡タイ時に購入した記念すべきテープ。なぜか最後のところが無音になってしまったこのテープを、今月はずっと聞いている。今日は往復2回聴いて、A面が終わり、B面に入って2曲目で家に着いた。テープをいくら聴いても、CDプレーヤーのご機嫌が直らないのしかたなくという理由もあるけど、これだけ聴いていても飽きないのが、 KALA だ。

 ちょっとシャドウズを思わせるサウンドで、とても軽快で、心地よい。世界中の Pop Music がみんなこんなだったら楽しいのにねと思う。シャドウズを思わせる KALA。マージ-ビートの影響を受けているHUT。ちょっとイギリスの影響を受けたタイの音楽が、今の私のお気に入り。LOSOもそうだしね。

 車のカーステレオを直さなくちゃいけないんだろうけど、KALA に飽きるまでは、まだいいかな。

☆2001/12/21 Fri 10バーツが230円?!
 来年から流通するユーロコイン。その2ユーロコインがなんと10バ-ツコインと酷似しているというニュースを見た。デザインではなく重さや形状がそっくりということで、自動販売機などで同じものと認識されてしまうらしい。韓国の500ウォンコインと日本の500円硬貨のように、悪用する人が出てくるかもしれないね。10バーツは今日のレートで30円、2ユーロは230円だそうだ。

 そのバーツが高くなっている、というか円が下がっているのだけど。1バーツ、2.99円、3.00円、3.01円と律儀に値を上げてきて、今日の新聞によると3.02円。2.5円なんて時もあったのにね。

☆2001/12/22 Sat アンニョン はせよ
 最近行くようになった焼肉屋に「一番カルビ」という店がある。私が住んでいる県にはひとつしかなく、東京にもまだないから、牛角ほど有名ではないかもしれない。愛知県が本部らしく、愛知県の店舗数は群を抜いている。

 店の味の話は別にして、この店のおもしろい点がある。この店では、お客に、接客した従業員に対する感想を書かせている。(これがちょっと面倒だったりするんだけど、)アンケート用紙に接客した従業員の名前を書く欄があって、さあ名前は、、、と思って胸につけているネームプレートを見た。「マウム ゆかり」とか書いてあって、おや、この人韓国人のハーフなのかな…なんて思っていたら、みな、カタカナの名前がついている。「アガシ 恵子」「アンニョン 雅美」…

 聞いてみると、この店では皆、韓国語の言葉を名前の前につけることになっているらしい。ふ~ン、ちょっとおもしろいね。でも、なんだか水商売の源氏名みたい、なんと思いながら、「一番カルビ」のホームページを見たら、私たちの経営理念 Smile & Sexy とある。なんか関係あるのかな。

 日本のタイレストランで働いている日本人も、こんな風にチュ-レンをもらってるのかしら?

☆2001/12/23 ☆年賀状の準備、焼きおにぎり
 やっと、年賀状を作ったよ。年の暮れはただでさえ忙しいのに、お歳暮やら大掃除やらあって、猫の手も借りたいくらい。当の猫は1日に20時間くらい寝ている。昼間あんなに寝て夜眠れるのかなと思うけど、しっかり寝ている。
 
 そんな忙しい中、ぼおぉっとしていたい連休なんだけど、今日は年賀状作り。ご苦労様。なるべく減らしたいから、ネットをやっている友達にはA Happy New Year e-mail にしょう。と思っても、仕事関係親戚にはそうもいかない。

 年賀状を作りながら思ったのだけど、どうして福島では焼きおにぎりが味噌なんだろう。私の家は両親とも福島の出身なので、生活習慣にかなり福島色が強い。焼きおにぎりといえば味噌をつけて焼いたものだった。大人になって、この地方に越してきて、焼きおにぎりが醤油なのでびっくりしたけど、こちらの方が大多数みたい。サーミーコンディシャン(私の夫)は、私と逆のビックリで、味噌の焼きおにぎりなんて知らなかったみたい。私が嘘をついていると思ってはいなかっただろうが、福島駅のルミネ(だったと思うんだけど)の地下の食品売り場で、焼きおにぎりと称して、味噌をつけて焼いたおにぎりがあったので、びっくりしていたようだ。おかあさんが作ってくれた焼きおにぎりはおいしかったな。最近全然食べてない。自分では上手に作れない。今度妹に作ってもらおうかな。

☆2001/12/24  不審な船舶、それとも不審船
 今日のアサヒ・コムにこんな記事が。

 「鹿児島県奄美大島沖で不審船が海上保安庁の巡視船と銃撃戦になり沈没した事件で、福田官房長官は不審船から巡視船にロケット砲が発射されたことを明らかにした。」って、記事の内容じゃなくて、不審船(ふしんせん)って言葉。なんだかしっくりこない。不審な船舶ならいいんだけど。

 それでちょっと考えてみた。日本語教育で言うところのナ形容詞、これは国語文法では形容動詞と呼ばれるものなんだけど、これと名詞はよく似ている。活用する時もこの二つはよく仲間になる。生徒にナ形容詞と名詞の違いはなんですかと聞かれるが、この違いと言うのは名詞は主語になれるけど、ナ形容詞はなれない。つまり「元気」や「病気」は主語になれるけど、「有名」は主語になれないってこと。

 「不審」も私の感覚では主語になれないから、この「不審船」という言葉をニュースで聞いていて、ここ2、3日なんとなくしっくりしなかったのだ。でも、「不審火」は別に違和感を感じないから、この「不審船」も百回くらい聞いたら違和感なくなるかな?山下達郎の「クリスマスイブ」みたいに。この説明もしなくちゃね。この曲の歌詞「きっと君は来ない♪」、これは「たぶん君は来ない♪」の誤用だったんだけど、もうそんなこと言う人はいなくなってしまったね。

 日本語の勉強もう少し。明日の授業の準備で、私立の中学受験の問題集を見ていたらこんなのを見つけた。次の例のようにひらがなをひとつ加えて別の語になることがあります。例:あげる→しあげる→めしあげる。では、次のカッコを埋めなさい。といって、5つも問題がある。そのうちのひとつを紹介。

ける→( )→( )

 答の前に、もうひとつおもしろい問題を見つけたので、その紹介。開成中学の問題なんだけど、「あまぞん」をカタカナで正しく書きなさいというもの。これってけっこう難しいよね。「アマゾン」

 では、さっきの灘中の問題の答。「ける→つける→みつける」これって、本当に国語の問題?

☆2001/12/25 Tue  Merry Christmas
 仏教徒なので、それほど感慨はないけど、Merry Christmas!

m011225  昨日の開成中学の国語の問題「あまぞん」をカタカナで書きなさいっていう問題、かなりいい問題だと思うけど、「シ」と「ツ」もあるとよかった。実際にこんな看板を見た(右を見て)。パンジーだと言うことは明らかだけど、どう見 てもパンヅー。それに左折が佐折。もっとも今は取り外されてしまってみることはできないけど。

 もうひとつ、写真は撮り損ねたけど、「チュウイ ブルウヅ」という看板を見たことがあった。何に注意しろと言うんだろう、ブルウヅって何?それは国道の道沿いでよく見かけるような看板だった。果物や海産物をトラックで売っているそばにあるような。なんだかわかりますか?たぶん「キウイ フルーツ」を売っていたんだと思う。 

☆2001/12/26 Wed  画像をアップロードする時は大きさに気をつけよう
 あ~ん、大変だったのニャ。ってこれじゃ猫じゃないか。いくらmeewだからって…

 でも本当に大変だったの。トトのフォトアルバム、2001年分をアップロードしたのはいいけど、容量が大きすぎて、なんだか訳のわからない数時間をすごしてしまった。オリジナル画像をそのままコピーしてスルスルスルって小さくして、わあ、今回はなんて簡単、楽チンなのって、思っていたら、いざ、ファイルをアップロードする時に、容量が足りませんと出た。それからはマニュアルとにらめっこのわけのわからない時間だったわけニャのニャ。ああ、また出てしまった。

 今日は私のためだけに書きます。オリジナル画像をそのまま使ってはダメ。ちゃんと小さくして(縮小して)から、コピーしましょうね。面倒だけど。それからもういらなくなったファイルは、時々整理したほうがいいでしょうね。

 あ~、もう疲れた。明日は今年最後の授業なのに、もう…これから頑張って、準備をします。

☆2001/12/27 Thu  仕事納め
 仕事納めと呼べるほどの仕事はしていないけど、今年の日本語の仕事は今日で終わり。でも、Lさんとのレッスンは本当に最後の日。年が明けるとすぐに台湾に帰ってしまう。1年ほどのお付き合いだったけど、いろんな事を勉強させてもらった。台湾のこともいろいろ教えてもらった。タイしか見えなかった私が、台湾のことも楽しそうと思い、実際に行って見たら本当に楽しくて、台湾とタイを比べてみたり、いろんな事を学んだ。人間としても、Lさんのしっかりした考え方を見習わなくては思ったことが何度あったことか。台湾に遊びに行ったら、連絡するからね。おいしい肉圓の店に連れて行ってね。

 帰るまでにもう一度会うことになっているんだけど、その日をいつにしようか今日話し合った。「今度の火曜日はどうですか?」っていうから「エーと、火曜日って、何日?」と手帳を見ると、なんと元旦ではないか。Lさん。私たち日本人にとっては正月だよ。勘弁してくれ。ということで変更してもらったが、彼女たちにとってはどうっていうことのない、普通の日なのだ、12月31日も1月1日も。その代わり旧正月は大騒ぎなんだろうな。私たち日本人にとっては単なる日なんだけど。ところで、来年は旧正月はいつなんだろう?

☆2001/12/28 Fri. 仕事納めの翌日 もう一回仕事納め
今日も仕事納めだった。昨日の日本語教師の仕事納めで、今年の仕事は全部終わりかと思っていたら、なんと今日は御用納めの日なのに○×事務所から、提出していた申請の許可が下りましたと電話があり、びっくりした。今日は仕事らしい仕事はしないんだと思っていたから。まあ、わざわざそういう連絡をくれたので、うちの所長はもう仕事納めを済ませどこかに行ってしまったし、私が受理に行くことにした(これももうひとつの仕事のうちだ)。
 
 ○×事務所は表向き、所内禁煙になっているけれど、玄関の外で誰かがたいてい煙草を吸っている。煙草の匂いを染み付かせたまま、事務所内に入ってくるので、事務所全体が煙草臭い。担当者が席をはずしていて少し待っている間に、煙草の匂いにやられてしまった。

 出入りの時の猛毒煙草と一緒になって、車に戻った時の私は、やばい状態だった。私は煙草の煙を吸ったり(こんな時は最悪だけど)、匂いをかいだりしただけで、頭が痛くなる。そのためセデス(鎮痛剤)を手放せないのだけれど、今日はどういうわけか1錠も持っていなかった。このまま家に帰ってもよかったのだが、何しろ今日は仕事納め。この書類を届けなくては。帰ってから休めばいいさ。と思ったのだが、結論から言うと、一日最悪だった。

 夜になっても直らず、本当に最低の仕事納めNo.2だった。もう早く寝て、明日の遊びに備えよう。

☆2001/12/29 Sat  ショートケーキの由来
 今日はショートケーキの由来について知った。教えてくれたのはサーミーディシャン。

 私はショートケーキのショートは「足が早い」つまり痛みやすいだと思っていた。ところがそうではなかった。ショートケーキは日本生まれのお菓子で、その元となったのがアメリカのストロベリーショートケーキ。スコーンもしくはビスケットのようなものに果物をはさみ、果物のソースや生クリームをかけたものだそうだ。この場合のショートは「サクサクした」という意味らしい。だが日本ではやわらかい歯ごたえを好むために、やわらかいスポンジケーキを用い、あのような形になったと言う。

 まだ中学生か、高校生の頃に今田美奈子やその他たくさんの料理家の本(特に洋菓子)を読んだ。そのどの本にもショートケーキは足が早いからショートケーキと言います。痛みやすいので、早く召し上がりましょうとかいてあった。そのことをずっと信じていた。俗説だったのか。まあ、死ぬ前にわかったので、ラッキイかな。

 ところで、もうひとつ疑問が。あのやわらかいスポンジケーキ。カステラのようなものは日本だけのものなのだろうか?外国のケーキってどんななんだろう?

☆2001/12/30 Sun  今年もあと一日
 今年もいよいよ残すところあと一日。大きな病気や怪我もなく、今年を終われそうなので、ほっとしている。

 今日はお正月の買い物に出かけた。年を追うごとに簡単と言うか、いいかげんになってきている正月の料理も、今回はあきれるくらい簡単。生徒たちにはおせち料理について教えているのに、我が家ではお雑煮くらいしか作らない。若い頃は一生懸命に用意したけれど、もう今では食べきれないし、大体あまり食べたいと思わない。(毎日の食事でも、タイ料理の方が食べたいくらい)まあ、年に1回だから、数の子くらいは食べたいけど、本当にあっさりとしたものだ。

 この土地に越してきた頃、今から20年程前のことだが、当時は大きなスーパーマーケットはなくて、地元のスーパーが2つ3つあるくらいだった。そのうちで一番大きなスーパーでは、お正月の買い物で客が混雑して、警備員が何人も出て入場制限をしたほどだった事を、買い物の帰り道サーミーと話した。友人が大晦日の午後に買い物に行ったら何にもなかったと言っていた。今では大きなスーパーマーケットやコンビニもできて、元旦ですら営業している。子どもの時のようにお正月は店がみんな閉まって静かなんてことも今ではない。便利にはなったけど、なんだかメリハリがなくなってしまったことも事実だ。

 まあ、それでも本当に今年も無事に過ごせたので、感謝をしてあと一日、20世紀最初の年の最後の日をのこすだけです。

☆2001/12/31 Mon  さようなら平成13年 2001年
 特に大きな災いもなく今年も無事に終わろうとしている。

 台湾の人たちに日本語を教えるようになったのは今年になってからだ。去年のうちに面接をして、年が明けてから授業をはじめることにしていた。タイ人のCさんと一緒にチャイヤプームというタイの町へ行き、お祭を見て帰ってきて、すぐの授業開始だった。去年の今ごろはタイ行きと帰国後の授業のことでワクワクドキドキだった。台湾の人たちとは本当にいい出会いをした。台湾のことをいろいろ教えてもらった。私は同じくらいのことを返したんだろうか?不安になる。精一杯、一生懸命日本語を教えているけど、まだまだ力不足で申し訳ない。台湾の人とのお付き合いはまだ来年も続く。来年も頑張って日本語を教えていこう。

 今年はあまり一生懸命勉強しなかったけど、来年はもう少し頑張って試験も受けてみよう。身体にも気をつけてもう少し頑丈な体つくりにも勤めよう。

 2001年(平成13年)最後の日、黒豆を煮て正月のしたくは終わり。夕食後もタイのVCDを見てのんびりすごした。終わりよければすべてよし。来年もよい年でありますように。

|

« 2001年11月 | トップページ | 2002年1月 »