« 2001年9月 | トップページ | 2001年11月 »

2001.10.31

2001年10月

meew のひとり言 2001年10月の日記

2001/10/01 (月) 今日の日記は......

 10月だ。月が変わると今月こそは...と新たな決意をするのだが、今月は...。

 今日は仕事の面接。ある企業で外国人に日本語を教えて欲しいというもの。新しくできた建物で、とてもきれい。生徒はお偉いさんらしい。今まで若い人たちしか教えたことがないから、同年代の人はちょっと不安かな。でもこれもいい勉強になると思うと、張り切る。

 条件は、日本語教師としてはまあまあかな。でも拘束時間で考えると、コンビニで働くより少しマシという程度。でも、キャリアとして考えれば良しとしよう。

 話も決まり、帰宅して夕方、メールをチェックすると、なんと今面接を済ませてきた企業から。時給を値切ってきた。さっきの話でも無理をのんだつもりなのになあ。これ以上自分を安売りするつもりはないから、この条件はのめないって、メールを入れよう。この話ダメになってもいい。

 今日は疲れたので、こんな日記しかかけなかった。明日はきちんとするね。では。では。

2001/10/02 (火) T-POP そっくりさん三人登場

 最近売れてきている小池栄子。本屋などで、彼女が表紙の雑誌を見かける度に、おや、ここはバンコク?と思ってしまう。なぜって?わたしにはどうしてもPanatdaaにしか見えない。そっくりだと思いませんか?

 TBSのアナウンサーの某氏。(日曜日の昼間にある番組の司会をしています)Peterに似てませんか?でもNarvin Tarにも似ているかな?私は Narvin Tar がデビューした頃、この二人の区別ができなかった。その割には、Peter は嫌い、Narvin Tar は好きなんて言っていたけど。バンコクから電車で1時間くらいのマハ-チャイにあるシーフードレストランに、有名人の写真が貼ってあった。今から2年ほど前のことだ。お店の人たちと記念写真!。その中に私は Peter の写真を発見!。ちょうど通りかかったお店の女の子に、「この人、Peterだよね」と聞くと、彼女は「いいえ、Narvin Tarです。」と言う。本当に?と疑って聞いても「カー(はい)」と言って行ってしまった。お店の人が言うんだから間違いないだろうと思いながら、その写真の写真をパチリ。日本に帰ってから良く見たけど、やっぱりPeter だった。何故わかったかって?それは腕の刺青です。Peter の刺青がばっちり写っていた。今年の1月に、そのレストランにまた行ってみた。例の女の子は見かけなかったけど、Peterの写真はまだ貼ってあった。まただれかに「これ、Peterでしょ」と聞いてみようと思ったけど、誰も通りすがらなかった。

sek LOSO.私の大好きなLOSOのギタリスト。もう散々この日記で書いたら、ここでは超有名人。この町に以前あったラーメン屋さんのお兄さんに良く似ている。今はこの町にはいない人だけど、本当に良く似ている。カッコいいのかと聞かれると、返事に困ってしまうが。まず髪型がそっくり。セークの髪型はカッコ良さからは程遠い、おばさんパーマ頭。そのラーメン屋のお兄さんもそんな頭だ。(「ラーメンの小池さん」もそんな頭だった)それにサングラス。セークはストロボなどの光に弱いと言っていたが、そのせいかよくサングラスをかけている。私はサングラスをとったセークの方がもちろん好きだけど。で、そのラーメン屋さんもサングラスをかけている。もしここに写真を載せることができたなら、みんなのけぞっちゃうくらい似ているんだけど。それができないのがちょっと残念。
  
 これを読んで、笑えた人は、きっと、いないだろうな。

2001/10/03 (水) LOSOのthe Red Album VCD ゲット!

又してもLOSOネタ。というのは今日 the Red Album のVDOを手に入れたんですよ。その感想なんぞを。

1pun-tip これはネットで見たことがあった。何もベッドの前で演奏しなくてもって思うけど、バックに流れるシーンがおもしろい。ここはthe MallここはSiam Squareなんて見るのもおもしろいかも。でもセーク、カッコいい。

2 5 nah-tee 2チャンネルのインタビュアーのおねえさんが登場。でも、2チャンネルってあったっけ?モノクロで流れるシーンが最後は知らないうちにカラーになっているのが素敵。

3 koey-ruk-chun-bahng-mai バイオリンがきれいな曲。映画のような作り。歌詞の向こうに見える台詞が読み取れなくてどんな話なのか分からない。でも、歌詞からはもっと女々しい男の人を想像していた。

4 fon-tok-tee-nah-taang 私の好きな曲。セークがいっぱい笑っていてうれしい。一緒に歌おうとしたけど、歌詞をそらで覚えていないと、セークの顔を見ることができなくて、大変。早くちゃんと覚えないと。

5 Mai-kid-nauk-jai 朝焼けをバックに歌うLOSO。こんなに朝早くから。そういえば福岡でも朝8時半からリハーサルをしていたとか。アーティストも大変。最後にセークのアップ。

6 Thu-chaub-nai ヤイとラットがメインの曲。セークは5曲目と同じTシャツを着ているけど、同じ日に撮ったのかな。

7 Yahk-plien-jai-tur 三人で演奏している。短めの袖から出る細目のセークの腕がとっても好きだけど、セーク、ちょっとやせすぎだよ。福岡のLiveでもそう思った。途中で、セークが拍子を取りながら、踊っているようなそぶりを見せている。でも、セークってもしかして、踊りが下手?福岡でもカチャシーに乗り切れていなかったよ。

8 Took-lom-hai-jai ピアニスト、セークの登場。クレジットに「セーク:ギター、キーボード、歌」ってあったから、この曲はセークがピアノを弾いていると思っていたけど、VIDEOにも登場とは。このデニムのシャツって、福岡のと同じかな。

9 Lah-jark-tur ストリングスと一緒のセーク。でも、セークだけ。ヤイもラットもいない。ちょっとつまらない。

10 Choke-dee この曲の中のプアン(友だち)ってやっぱりクラ-ンのことよね。(purnってスーパーでは出ているけど)三人の演奏でVCDは終わるのでした。

因みに、タイトルのアルファベットはVCDに表示されているものです。

2001/10/04 (木) ワンニー ヌアイ マーク

  ワンニー ヌアイ マークは、タイ語で「今日は疲れた」って意味。なんだか今日は、体中がだるいだるいって言っている。実は、昨日、新しく始まるはずだった仕事を蹴ってしまった。

ま、そのいきさつについてはあえて書くのをひかえるが、こちらから断ってしまった。実際に昨日は授業をはじめるつもりで、2レッスン分の準備をしていったので、その緊張から、今日は疲れてしまったのかもしれない。実際に授業をやっているときは、疲れを感じるひまはない。準備に追われ、授業の前は「あ~、今日の授業がキャンセルになればいいのに...」と思いながらも、授業が終わって、「先生、ありがとうございます」の声を聞くと、ああ、今日もやってよかったと思う、その繰り返しだ。心地よい疲労こそ感じるが、今日のような倦怠を感じる事はまずなかった。ところが、準備だけしてその授業をしないと言うことは、精神的に疲れるものだと、実感した今日だった。

と言うわけで、今日はとても疲れていて、おもしろいことも書けそうにない。そこで、先日書きためておいたものから一つコピーしてきた。

 犬の運転手

買い物が終わってスーパーの駐車場に戻った。私の車の隣に白い車が止まっていた。運転席に誰かが座っている。子どもかしら?そう思って、よく見ると、白い雑種の犬だった。運転席にちゃんと座っている。ちょっと横座りで。首には緑色のバンダナを巻いていて、ちょっと間抜けな顔をしているが、結構可愛い。私の顔を見て、ワンと鳴いた。まるで、買い物に行った奥さんの帰りを待っているご主人のようだった。まさか、本当に犬の奥さんが買い物に行ってるんじゃないよね。それとも、運転免許を持っていない人が、飼い犬に運転させていたりして?まさか、ドン松五郎じゃあるまいし。


では、今日は、おやすみなさい。

2001/10/05 (金) 今日はタイ語の勉強に燃えた

 今日はタイ語の勉強をした。久しぶりでまじめに勉強をした。今まで忙しくて、ゆっくり考えられなくて、単語を覚えたり、書き取りをしたりしていて、それはそれで大切な勉強なんだけど、今日はテキストの1課分を丁寧に勉強してみた。

 例文もいろんなところから集めてきて、書き加えてみたら、今までなんとなくわかったような気でいたのが、ちゃんとわかった気がした。私はタイ語の学校に通えないという後ろめたさからか、テキストのたぐいは結構持っている。

 キーワードで覚える!やさしいタイ語会話/山田均著
 やさしいタイ語 基本表現/宇戸清治著
 基礎タイ語/河部利夫著
 エクスプレス タイ語/水野潔、上田玲子著
 書いて覚えるタイ語の初歩/水野潔、中山玲子著
 超ぺらぺらタイ語電話/ポンパン・レプナグ著
 実用タイ語会話Ⅰ 泰日経済技術振興協会発行
 実用タイ語会話Ⅱ 泰日経済技術振興協会発行
 実用生活タイ語会話 ウィライ・トーモラクン著

 とまあこのくらいあって、その他にも単語帳や、辞書など数冊持っている私はタイ語関係書籍長者なのだ。今日はこの中の「やさしいタイ語 基本表現」を使って勉強した。明日もがんばってやるつもりだ。来月にタイ語検定があるけど、今回は受けない。受けても落ちるのが明白だから。でも来年の春の試験を目標に今日ぐらいの熱心度で勉強していったら、何とかなるかもしれない。はたして来年の春、どうなっているでしょうか?

2001/10/06 (土) 今日はマッサージ・ディ

 今日から三連休。でも小中学校は今日は休みではないのでは、とすると、全国三連休は正しくない、部分的に三連休。

 私には暦の上での休みはあまり関係がない。が、連休になると人が出るので、そういうところへは行かないという意味で、関係がある。

 今日は三連休といっても、明日明後日に比べればそれほど混んではいないだろうと思い、前々から気になってきた肩こりをほぐす為に最近はやりの街中にある大きなお風呂屋さんに行くことにした。そこで湯上りにマッサージをやってもらうのが今日の目的。

 同じことを考える人は結構いるようで、マッサージは予約でいっぱいだった。午後になれば、空いているというので、遅い時間に予約を入れて、出直すことにした。が、行き当たりばったりの私の人生。ふらふらしているうちに隣の町にある結構お気に入りのマッサージ屋さんの前を通った時、計画変更。キャンセルの電話を入れて、私は施術ベッドの上でした。

 日本でもマッサージは久しぶり。1時間やってもらって、肩の凝りはまあまあ軽くなったけど、財布も軽くなってしまった。60分で5000円。バンコクだったら、2時間で、400バーツから500バーツ。つまり1200円から1500円。2時間でですよ。ヘアーカットもマッサージもやっぱりタイに限ると思いながら、家路についた今日でした。

2001/10/07 (日) 今日は肩が軽いぞ!タイ語もがんばれ!

 昨日のマッサージのおかげ!とても肩が軽い。が、しかし、さわると痛い。マッサージのおじいさんが力を入れすぎたんだろう。肩と背中、それから腰のところがちょっと、痛い。擦られて痛いのかと思ったがそうではなく、外見的には変化がないんだけど、痛い。でも肩が軽いからこの痛みはそう気にならない。横になった時に枕や布団にあたる部分が痛いけど、マイペンライ。だって肩が軽いんだもの。こんなに楽なのは久しぶり。そういえば夏休みの終わりごろからずうっと調子が悪かった。定期的にマッサージに行ったらいいのかな。

 肩も軽いので、非常の調子が良く、休日のせいもあって、お昼寝をしてもなんだかすごく気持ちがいい。気を良くして、昨日できなかったタイ語の勉強の続きをする。タイ語を書いていても疲れない。いいね、肩が軽いって。今の私の気持ちはまるで、天国にいるようです。この軽さがいつまでも続くといいのに。

 先日、仕事のことでちょっと嫌なことがあったんだけど、昨日はヤクルトも優勝したし、体の調子も良くて、なんだか何でもできてしまうような気分。もう1日休みが残っていてなんだかさらに嬉しい10月7日だった。

2001/10/08 (月) 大事なことを忘れていた

 今日はもう、肩が凝りはじめている。肩を回したり、上げ下げしたりしてはいるんだけどね。まあこれが通常。で雨も降っているし、今日の気分はあまり良くない。そんなブルーな気分でいたら、大変なことに気がついた。先週の金曜日、つまり10月5日。私が「今日はタイ語の勉強がはかどるわい」と気分を良くしていたあの日、実は私の大好きな猫、桃太郎の命日だったのだ。

 1994年10月5日(月)19時54分。どうして忘れちゃったんだろう。すぐにごめんねってモモに謝ったけど自分でもちょっとショック。

 桃太郎は黒と白の雄猫。赤塚富士夫の「菊千代」がバンザイ猫として脚光を浴びていた頃、やってきた。同じような毛並みなので、バンザイ猫になるかと思ったけどこっちはダメだった。そのかわり、とても優秀なお迎え猫になった。夫に対してはそれほどでもないのだが、私の帰りは何時になっても待っていて、必ず玄関に出迎えてくれた。家の玄関はちょっと変わっていて、ドアを開けてから8段ほど階段を上がって玄関になる。夜遅く帰ってくると、モモはその玄関から下のドアの方を、眩しそうな、眠そう目で私を見ながら、なんでこんなに遅くなったの?と、ちょっとなじるような鳴き方で、迎えてくれた。必ず待っていてくれた。

 モモはちょっと変わっていた。私は、出かけるときは必ず車だ。私が帰る前からモモはそわそわして、玄関で鳴き始めるという。そしてしばらくすると車の音がして、私が帰ってきたことが夫にもわかる。どうして、私の帰りがわかるのか、これは本当に謎だった。夫はモモがエンジン音を聞き分けるのかと思ったらしいが、エンジン音もまだ聞こえないうちから、モモは玄関に張りついているという。多分、私が「モモ、もうすぐ帰るよ~。」という信号を無意識に出しているんだろう。この信号をモモはキャッチしていたにちがいない。

 モモよりおねえさんの蒲公英(たんぽぽ)もお迎え猫だったけど、モモとは違って夜遅くなると仕事をしなかった。まあ、彼女は気位の高い猫だから、「なんで私が人の帰りを気にしなくちゃいけないわけ?」って思っていたにちがいない。でも昼間は、私が買い物から帰ってきたのがわかると、「お帰りなさい」って愛想よくして、しっかり買い物チェックをしていた。それにひきかえ、今家にいる猫トトは、全然お迎え猫をしてくれない。前にも書いたけど、これがこの子の一番の難点。

2001/10/09 (火) 今日は火曜日 ワン・アンカーン

 火曜日はうれしい。私の生まれた曜日だから。私のタイ語のチューレン(ニックネームみたいなもの)はメーオ。この日記のタイトルね。意味は猫。私が猫好きなので、タイ人の友人がつけてくれた。もしメーオじゃなかったら、火曜日って意味のアンカーンにしてもよかったかな。

 タイ語で日曜日は wanaathit。wan は「日」って意味で、aathit は「太陽」。月曜日は wancan。can は「月」(あ、これキャンじゃなくて、チャンね)。火曜日は wanangkhaan。daaophraangkhaan で「火星」の意味。水曜日は wanphut。phut は「水星」、インド神話では商業の神様とか。木曜日は wanphruhatsaboodii、あまり長いので、wanphruhat という。phruhatsaboodii の意味は「木星」または「すべての神々の師である神」。金曜日は wansuk。意味は[金星」。最後の土曜日は wansao で、意味はもちろん「土星」。aathit には「週」って意味もある。タイ語で一週間の曜日を言うとこうなるが、私の住んでいるところでは商店など水曜日が休みのところが多い。なんとなくさびしい商店街なのは商業の神様の日に休んでいるからかなあ。

 以前スペイン語をちょっとだけ勉強したことがある。全然ものにならなくて「駅はどこにありますか」とか、「私の名前は○×です」なんて、簡単なことしか覚えていない。が、曜日は覚えている。日曜日は el domingo。月曜日は el lunes。火曜日は el martes。水曜日は el miercoles 。木曜日は el jueves。金曜日は el viernes。土曜日は el sabad。私が持っているちっぽけな西日事典では語源とかわからないが、それでも luna 、marte 等連想させる言葉がある。このようにちょっと覚えづらいかもしれないがおまけがある方が私は好きだ。中国語のように、「星期日」「星期一」「星期ニ」「星期三」「星期四」「星期五」「星期六」っていうのは、楽でいいかもしれないけど、楽しくない。

 日本語も週をあらわす言葉はいいけど、月をあらわす言葉が簡単で楽しくない。でもはじめだから簡単でもいいか。そのうち、「睦月」「如月」「弥生」「卯月」「皐月」「水無月」「文月」「葉月」「長月」「神無月」「霜月」「極月(師走)」を教えてあげよう。日本語を学ぶ楽しさがいっぱい、つまっている。

2001/10/10 (水) wannii wanthii sip duan-tulaakhom kha

 昨日の曜日に続いて今日は月の呼び名を見てみよう。

一月は、duan-mokkaraakhom。duan は~月の月。mokkaraaの元の形は makara で、磨羯宮(まかつきゅう)つまり「山羊座」ね。 khom は大の月につく(いわゆる「西向く士」じゃない月ね)。
ニ月はduan-kumphaapan。辞書にはkumphaa は「ワニ」と書いてある。
三月は duan-miinaakhom。語幹の miin は「魚座」のこと。miinaakhom は miin + aakhom で《うお座に来る》、つまり太陽がうお座にやってくる月ということらしい。
四月は duan-meesaayon 。語幹の meet は羊のこと。で、「羊座」。語尾の aayon は小の月につく(今度こそいわゆる「西向く士」ね)。
五月はduan-phrutsaphaakohm。 phrutsop は、牛のことで、「牡牛座」。
六月は duan-mithunaayon。mithunは「ふたご座」。
七月は duan-karakadaakhom。karakadaa の元の形は koorakot で蟹。「かに座」のこと。
八月はduan-singhaakhom。シンハービールでおなじみの singha は獅子。「しし座」。
九月はduan-kanyaayon 。語幹の kan は「おとめ座」。
十月はduan-tulaakhom 。tulaaは、秤のことで、「てんびん座」。
十一月はduan-phrutsacikaayon。phrutsacik はサソリのこと。つまり「さそり座」。
十二月は duan-thanwaakhom。「太陽が人馬宮に来る月」の十二月は語幹の thanuu が弓の意味で、「いて座」のこと。

 とこういう具合に、占いでおなじみの星座が散らばっているわけだが、二月のみずがめ座がどうしてワニなのか、わからない。私が間違っているのかもしれない。

 普段は、接頭の duanと語尾のkhom、あるいは aayon、aaphan を省略して、例えば mokkaraa とか、kumphaa とか言うらしいが、大の月には語尾に khom 、小の月には aayon がつく。2月は特別、aaphan がつく。日本人みたいに「にしむくさむらい」って言ったり、手の甲の関節を数えたりしなくても、月の名前を省略しないで言えば大の月か、小の月かすぐにわかって、とても便利だ。

 辞書と格闘しながらやっと書き終えた。ここまで書いてしまったんだから、もう頭にしっかり入ったことでしょう。もう間違えたりできないね。

2001/10/11 (木) 狂牛病

 海の向こうの事だとばかり思っていた狂牛病が、身近な出来事になってきた。

 我が家では元々家の食卓に牛肉が上ることはそれほど多くはない。関東の人間だし、それよりも何よりも経済の問題が優先する。しかし二人とも焼肉は大好きでよく食べに行く。先日、行きつけの焼肉屋さんに行ったら、ずいぶんと空いていた。まだ時間が早いのかなと思っていたが、結局私たちの他には客はいなかった。はっと気がついた。狂牛病の風評のせいだ。あんなにたくさんきていた客が、私たちだけ?なんだか辛い気持ちになってしまった。

 家に帰ると留守番電話に伝言があった。夫の友人からだ。ちょっと焼肉を食べに行っててね。と言ったら、友人は「狂牛病になっちゃうよ。」と言っていたらしい。うわさでは聞いていたが、焼肉屋さんは今回のことで、大打撃だろう。特にここは千葉県。千葉県の白井市で日本で初めての狂牛病の牛が見つかったこともあって、千葉県民はみな牛肉から離れていってしまったようだ。県知事の堂本暁子さんも先日焼肉を食べるパフォーマンスをしていたが、どれだけ戻ってくるか。また、辛い気持ちになった。

 連休が明けた一昨日、その焼肉屋さんへ元気をつけに行った。正直言うと、なんだかちょっと不安ではあったが、「今までだってあんなに食べていたのに、いまさら」と言う夫の意見にもっともだと思ったのだ。その店の通りに入った。いつもは光っている看板が見えない。「もしかして、休み?」その日は火曜日。その店の定休日は月曜のはず。前を通ったが、閉まっていた。

 なんで?どうして?と思ったが、「連休に営業したから、本来休みの月曜の分を、今日の火曜日に振りかえたんでしょう。」と言う結論にした。そうじゃなかったら辛い気持ちがますます辛くなってしまう。

2001/10/12 (金) 続狂牛病

 今日は暑かった。又、夏に戻ったみたいだ。寒いのよりはいいけど、こう日毎に暑かったり、寒かったりすると、身体の調子がおかしくなってしまう。ただでさえ、元気がないというのに。夏バテしたり、元気が出ない時、我が家では焼肉を食べに行くことが多い。

 そう、昨日も書いたけど、先日行きつけの焼肉屋さんで、定休日の翌日なのに休んでいたから、ちょっと気になっていた。今日こそリベンジだ!の掛け声で、焼肉を食べて、元気を出すことにした。

 折悪しくも、今日東京で、狂牛病にかかった疑いのある牛が見つかった。詳しい検査をしてからではないと、結論は出せないそうだが、食肉に関してはそろそろ安全宣言を出せるとか言っている。今日も店はすいているのかな?こんなときこそ店をひいきにしている客は、こぞって行ってあげないと、店がつぶれちゃって、永久にあのおいしい焼肉を食べられなくなっちゃうよ。さあ、今夜は思い切り元気をつけよう。そんなことを言いながら、出かけた。

 今日は遠くからでも店のサインが光っているのが見える。ほっとした。店には先客がいた。尚、ほっとした。今日は店の奥さん自ら肉を運んできてくれた。心なしか肉も、ビビンパも量が多いような気がした(気のせいかもしれないけど)。おいしく食べて、元気が出た。ほっとした。

 夜のニュースで、東京都の牛は狂牛病ではないと報道されていた。ほっとした。でも、関係者はもっとほっとしたことだろう。
 
 今日の夕食には、「麻婆かぼちゃ」というのを作ろうと思っていた。夫はかぼちゃがあまり好きではないので、焼肉に走り、妻は外食が好きなので、喜んだ。「麻婆かぼちゃ」は、明日、作ろう。

2001/10/13 (土) 豆寒が食べたい

  豆寒が無性に食べたい。豆寒と言うのは、寒天と赤えんどう豆に黒みつをかけて食べるもので、みつ豆からフルーツやらぎゅうひやらを除いたものだ。みつ豆だとえんどう豆がちょっとしか入ってなくて悲しいが、豆寒にはこれでもか言うくらいと赤えんどう豆が入っていて、ニコニコしてしまう。千葉県に越してきて、こちらで生まれ育った友人に、豆寒が食べたいと言った時、彼女に「豆寒って何?」と聞かれたことがあった。豆寒はあまりポピュラーではないと聞いていたけど、彼女の家はとても食べ物に詳しくて、洒落たものをよく知っているので、不思議だなと思った。寒天と赤えんどう豆を...と答えると、あら、それなら家の母がいつも作るやつだわと、こともなげに答えたので、安心したが、やはりその他の人たちにはあまり知られていないようだった。

 先日スーパーで、その豆寒を売っていた。絶対においしくないとわかっていたが、ここのところ赤えんどう豆が手に入らなくてずっと食べていなかったので、買ってしまった。やっぱりおいしくなかった。すでに寒天はダイス状に切ってあって、えんどう豆も一緒に入っていた。えんどう豆はほんの数粒しか入ってなくて涙が出そうだった。寒天は保存のためか何回も水を替えても酸っぱくて、よけい本物の豆寒が食べたくなった。

 私の住んでいるところでは、赤えんどう豆は手に入らない。以前は、車で1時間近く行ったところで赤えんどう豆を手に入れることができたが、今はもう扱っていない。そうだ、こういう時こそ、インターネットだと思って、探してみたら、3件ほど見つかった。早速注文して、えんどう豆たっぷりの豆寒を作ろう。本当は夫の友人からもらう寒天が手に入れば最高の、それこそ梅むらにだってまけない豆寒ができるんだけど、それは先の楽しみにして。あ~、もう、今から待ちきれない。

 おまけ。今日テレビを見ていたら、「ロンブー、TKの......」とあって、TKだって、え、何?日本で再結成? Halさんに教えなきゃ。とか頭の中をいろいろと駆けめぐったけど、画面を見ていたら、ロンドンブーツと一緒に小室哲也が出ていた。なんだ、TKって。Triumphs Kingdom じゃなかった。

2001/10/14 (日) 今日は日曜日

 今日は日曜日。日曜日らしい日曜日だった。昨夜(例によってよく眠れず)、朝目覚めて時計を見たら、なんと9時45分。別に日曜だから早く起きなきゃいけないわけではないが、なんとなく後ろめたい。
 
 なんと、夫は珍しく朝風呂を決め込んでいた。ラッキイ!低血圧の私は、朝お風呂に入るのが大好き。でも起きぬけではお風呂のしたくもできない(というか、やりたくない)くらい、調子が悪いのが常だ。今日はお風呂の支度ができている。夫が出た後に、ゆっくり入った。サバーイディー。

 こんなに気持ちのよいスタートを切ったおかげで今日は調子がいい。が、午後になり、愛猫トトちゃんお気に入りの Ciao 焼きかつおがもうないことに気がつく。これ、すなわち、買いに行かなくてはならない。これはJ○×COでしか売っていない。今日は日曜なので、あまり出かけたくないんだけど、仕方がない、可愛いトトちゃんのためだ。行ってこよう。
 
 トトちゃん必需品の焼きかつおを仕入れたついでに、私たちのおやつに石鍋シェフのまろやか○○○を買う。やっぱり人ごみは苦手だ、早く帰ろう。

 Italian Tomato の看板がやっとはずれた。もう閉店してからだいぶ経つ。店は違う店になるみたいだが、看板はずっとそのままで、なんだかとても気になっていた。今度は何の店になるんだろう。新しいできた電気屋さん、まだ来たことがないな、そのうち来て見よう。町並みを見ながらそんなことを考えて、Hutを聴きながら家に帰った。

 帰ると夫はテレビでモータースポーツの番組を見ている。ビデオかな?今夜はF1があるはず。今日はスポーツディだね。ぽかぽか暖かくて(夫は暑いと言っているが)、気持ちのよい日曜日だった。

2001/10/15 (月) トトと一緒の夜

 昨晩猫のトトが自ら選んで私の布団に入って来た。ちょっと珍しいことなので、うれしかったが、迷惑でもあった。ただでさえ不眠症気味の私は、トトを気にして寝つかれなかった。夕飯の後、おなかがいっぱいになって『鉄腕ダッシュ』を見ながらうとうとしてしまったのもいけなかったんだろう。私は少しでも寝てしまうと、眠れなくなるタイプ。昼寝をすると起きた時に頭が痛くなるタイプ。夫は全くそんなことがないという。うらやましい。

 トトが一緒にいるおかげで、ゴロゴロ言う音を聞いたり、手足の肉球をいじったり、それはそれで楽しいのだが、長い尻尾をパタパタ振る音や、時々分けのわからない声をあげたりして、ちょっとうるさい。寝つかれない私が寝返りをうつとやっぱり目が醒めるのか、私の手や顔をぺろぺろなめてくれる(まるで、犬みたいでしょ)。それはそれで嬉しいのだが、ちょっとうっとおしい。結局、私はほとんど眠れず、トトも熟睡できなかったようだ。別にトトが原因で眠れなかったわけではないが。

 実は、寝る前に、「トト、今夜は一緒に寝ようね」と声をかけてから床についた。すると、本当に珍しく、トトが自分から私の部屋にやってきて、自分から私の布団の中に入ってきたのだ。さっきの話を忘れなかったのか。トトの心遣いなのに、邪険にはできないよ。

 夜に眠れなかったせいか、今日のトトは昼間よく寝た。お煎餅が大好きで、私たちが食べていると必ずどこからか現われてお相伴に預かろうとするのだが、今日はすぐそばでお煎餅の音がしても、においがしても寝ている。「私のお守りで疲れたみたいね。」猫にお守りをされる私って一体。

 さあ、昨夜は眠れなかったから、今晩はぐっすり眠って、いい夢を見ることができるでしょう。では、おやすみなさい

2001/10/16 (火) イライラするインターネット

  インターネットをすることがイライラするのではない。その接続がイライラするのだ。いまどきの世の中は、ISDN だ、ASDL だで、常時接続とやらになっているらしい。らしいと言うのは、私のところがそうではないからだ。
 
 先日新聞にNTTの広告が入っていた。この辺の地域もいよいよADSLになりますよ。もちろん問い合わせてみた。すると当初は大丈夫と言っていたが、何回か電話がかかってきて、局からだいぶ離れているので、「思ったほどの効果はありませんよ」、さらに、「もしかすると、インターネットをしている時に電話が使えなくなるかもしれません。」それはとんでもない。私のインターネット常時接続計画はほんの数日で消えてしまったのだった。
 
 現在はテレホーダイを利用している。昼間利用するともったいないような気がしてならない。でも、そのために夜遅くまで起きているのも、尚もったいない気もする。それよりも何よりも、このタイトルの「イライラするインターネット」が、今私の一番の困ったことだ。ホームページを見ていると、知らない間に接続が切れていることがある。接続時間をチェックすると、受信バイト数やら、送信バイト数やら書いてあるが、時として、接続時間は刻々と増えていくのに、その下の受信バイト数、送信バイト数のかずがピクリともしないことがある。電話代はかかるけど、情報は一切入っても来ないし、送られもしない状態ってことでいいのかな。テレホーダイだから、実際には料金はかからないけど、これって納得できないし、早く次のページが見たいのに、全然表示されない...で、私のイライラはどんどん増す。1時間PCに向かっていても、実際にはその半分くらいの時間しか楽しんでいないこともある。

 常時接続ですべて解消と思っていたのに。残念だった。先日、福岡で泊った東横インはLAN接続で部屋で無料インターネットが利用できた。ロビーにもPCが2台おいてあって自由に使えた。来月、タイ語の勉強で東京に行く。千葉県と言っても日帰りなんてできないので、ホテルを予約した。先日の福岡で気に入ったので、東京でも東横インにした。無料インターネットがつかえるところにしたのは、言うまでもない。

 それにしても、我が家がインターネット常時接続になるのはいつのことなんだろう。

2001/10/17 (水) LOSOのPanthipツアー その1

 LOSOの新しいアルバムタイトルでもある Panthip 。PC関連商品を扱っているショッピングセンターだけど、コピーを扱うことでも有名。LOSOは彼女とのデートに、どこに行こうかと、いろんな場所を挙げている。でもこのパンティップ・プラザには行きたくないらしい。そうよね。自分のCDのコピーが売っていたら...。それにもう一つ行きたくないわけが...。では、この曲に登場する若者のデートスポットの紹介、その1。

ザ・モール     
 私はザ・モールには行ったことがない。この歌詞に出てくる、他の店には行ったことがあるんだけど、このザ・モールにはまだ行っていない。フリーの観光客にはちょっと行きづらい場所にあるからだと思う。タイ人が言うと、「ザ・モール」じゃなくて「デ・モン」に聞こえる。

セントラル・デパート
 バンコク市内にも何ヶ所ある。プルンチット店、シーロム店に行ったことがあるけど、ちょっと気取っていて、私には合わない。私は庶民的なロビンソンの方が好き。この二つは同じ経営者だと聞いたが、あっているかな?午後の紅茶のCM曲が、スピッツの「ロビンソン」という曲だけど、このロビンソンは、バンコクのロビンソンデパートのことらしい。で、どの店のことなんだろうとずっと思っているけど、誰か知っていますか?

エンポリアム
 ここは日本人ならまず知っているだろう。BTSのプロンポン駅に接続している。ある駐妻(駐在員の妻の略ね)が言っていた。「クーポンレストランに行ってみたいんだけど、なんだか衛生的じゃなくて。でも、エンポリ(日本人はこう言う)の中にあるクーポンレストランはきれいだって言うじゃない。だから今度行ってみようと思っているのぉ。」たしかに、ここのフードコートはきれいだけど、私にはちょっと高くて、量が少なくて、あんまりおいしくなくて、好きじゃないけどな。

 Tower Records が入っていたけど、今はどうなっているのかな。他にCD屋さんや、本屋さんがいくつか、それから日本食のお店もいくつか入っている。上にはスーパーマーケットもあって、便利だけど、ちょっと高い。(続く)

2001/10/18 (木) LOSOのPanthipツアー その2

ワールド・トレード・センター
 東京にも、香港にもある。NYにもあったけど...。タイ人が言うと、「ウォー・トゥエー」みたいに聞こえる。ZENや伊勢丹が入っていて、こちらも日本人御用達。この中のCD屋さんをはしごするのが好き。

MK
 「スッキー」にはいろんなチェーンがあって、「MK」の他には日本でもお馴染の「コカ」、「テキサス」、「カントン」等。若者はMKのタレを好むと聞いていたら、LOSOも「MKもいいね。」って。噂は本当だったのね。私はあまりスキを食べることがないので、特にどこがというのは、ない。

マーブンクローン・センター
 マーさんとブンクローンさんが作ったという、マーブンクロン。私は「MBK」と言っていたけど、最近ある人の影響からか「マブク」と言うようになってしまった。しかし若い人たちの間では「マーブン」と言う人も結構いるみたい。この言い方を聞くと、30年位前に San Franciscoを「サンフラン」と言っていた時代があって「省略の仕方が同じね」と思った。と書こうとしていたら、ある旅行雑誌で、あいかわらず、サンフランといっているのを見て、時代は変わらないんだなあと妙に感心してしまった。

 さっきのワーテーには、伊勢丹が入っているけど、ここには東急。日本の東急デパートとはかなり違っていて楽しい。反対側にはホテルまである(パトムワンプリンセスホテル)。ちなみに、フードコートの中では、MBKの6階にあるのが一番好き。カーオ・モック・カイは必ず食べることにしている。

サヤーム・スクエア
 チュラロンコーン大学の側にある、ショッピングエリア。小さなCD屋さんがたくさんあって、次々に見ていくと楽しい。でも、Imagine(CDショップ)はどうなってしまったんだろうか?今年の7月に行ったときは、見事に閉店していた。大きくて好きな店だったのに。

 それから、「バーン・クン・ポー」だった店が「バーン・クン・メー」になって、「バーン・クン・ポー」は少し離れたところに移った、このちょっと不思議な出来事について、くわしいことが知りたい。私は、「バーン・クン・メー」の方が好みだ。
 
パンティップ・プラザ
 そして問題の、昔の彼女が店を出しているパンティップ。行ったことはあるが、特に興味はない。PCに詳しくもないし、海賊版を欲しいわけでもないから、昔別れた彼が店を出していなくても、行く気はしないわね。

2001/10/19 (金) タイ料理店発見!!

 実は昨日のことだけど....。

 タイ料理店に行った。都会では当たり前かもしれないけど、ここいらではちょっとした大事件(特に私たちにとっては)。千葉県のK市にある店で、名前は出しちゃおう。タイ・ターン・トーンという店だ。前に一度前を通ったことがあった。車を降りて中を覗き込んだが、閉まっていて(昼間だったから)、夜だけしか営業しないのかと思っていた。それが昨日偶然その前を通ったら営業していた。ランチセットなんて字も見て取れた。本当はラーメンを食べるつもりで店まで決まっていて、向かっているところだったのだが、急遽、予定変更。

 その店の前にもやはりタイ料理店みたいな店があるんだけど、こちらはちょっと私とはあまり関係がなさそうな店。2件もあるのにやってないなんて、前は文句を行っていたけど、今日はかなり嬉しい。
 
 タイ人のご夫婦らしき二人が店にいた。私たちがその日一番の客みたい。とりあえずランチセットを食べてみた。夫は今、辛いのを食べられないので、カーオ・パット・クン(つまり海老チャーハン)に豆腐のスープのセット。私はカーオ・パット・プー(つまりかにチャーハン)にトム・ヤム・クンのセット。デザートの果物、コーヒーがついて1000円。私たちはコーヒーが飲めないので、コーヒーはいらないといったら、代わりにジュースを持ってきてくれた。久しぶりに食べたタイメシはおいしかった。トム・ヤム・クンは、普通の人には全然辛くないんだろうけど、私にはちょっと辛くて、でもすごくおいしくて、とても満足した。

 カウンターの下にタイの缶ジュースがたくさん置いてある。おっ、大好きな菊花ジュースがある。げっ、400円。まあしょうがないか。タイ語で頼んでみる。通じた。7月にタイで飲んで以来の冷たい菊花ジュースだ。

 料理の数も値段も悪くない。うちからすぐ近くじゃないけど、1時間半くらいでいけるから、そんなに大変じゃない。今度、友人のタイ人を連れて行こうと思う。

2001/10/20 (土) Ka-Laとサッカー NumとSekと隆行

 わーい、わーい、Ka-Laの新しいVCDが届いた。本当は、CDも一緒に届くはずなんだけど、VCDだけ。明日は日曜で郵便の配達はないから、Ka-LaのCDは月曜になってしまうね。でも、マイペンライカー。

 さっそく見た。このアルバム Hua-Kathi は、ココナツの一番濃くて良い部分のことで、つまり、人や物の最上の部分って意味にもなる。Ka-La っていうのは、ココナツの殻のことで、このアルバムは、今までの曲をリメークしたもの(全部バラードなんだけど)だから、ココナツの殻たちが作ったココナツの一番いい部分で、すなわちベストアルバムみたいな意味なのかしら。おもしろいね。

 曲は、聞きやすくて良いけど、オリジナルの迫力には負ける気がする。でもそれよりも、何よりも、Num(Ka-La のボーカルね)が、また前髪を上げて、横の毛も短くなって、1stみたいになっている。2nd の私の理想の Num とちょっと違うのにはがっかり。まだ、子どもだから突っ張りたいのね、と思って我慢、我慢。

 で、もうちょっと大人の、おばさんパーマ頭のSek LOSO のVCDを見てみた。新しいアルバムなら、Sekの方がカッコいいかな...なんて思っていたら、「サッカーが始まるよ~」の声。そう、そう、今日は、レイソルとアントラーズだ。私が非常に困る対戦。チームとしてはレイソルのサポーターなんだけど大好きな洪明甫は怪我で休んでいる。そして、対戦相手のアントラーズの鈴木隆行の大ファンである私。一応レイソルを応援しながら見てたけど、負けてしまった。

 それで、感じたんだけど、SekとNumと隆行って、なんとなく、似ている。

2001/10/21 (日) CDの整理をして、大変なことを発見

 今日はすごいことをした。持っているタイポップスのCDを全部写真に撮った。

 光を当てると反射しちゃうし、いろいろ場所を変えたりして、結局太陽の光がたくさん入る窓際で撮った。前にもちょっとやりかけたことがあったんだけど、挫折してしまいそのままになっていたのを、思い立ったが吉日で、今日はやり遂げた。ミュージックCDと、カラオケのVCDそれから、映画やタイ語の勉強用なんかのVCDも全部あわせて、196枚あった。もちろん私のだけじゃなくて、夫のも一緒だけど、それでもすごいね。もうすぐ200枚。200枚記念には何か出るのかなって、出るわけないでしょ。

 それで、アルファベット順に並べて(タイ語なんだけどアルファベットに直してタイトルがついているから)、整理をしてみたら、なんだかおかしい。ABCDってきて、DのDragon5のところを見たら、1枚しかない。ジャケットをよく思い出せないんだけど、Dragon5の2枚目のCDがない。そう、あのNon-stopのリメイクが入っているやつ。それから誰かのカバーなんだけど誰だかわからないあの曲が入っているアルバム。そこまで思い出せるのに、アルバムのジャケットが思い出せない。Dragon5、好きだったのに。でも一体どこに置いたんだろう。車の中?見た?他にCDを置きそうなところ?誰かに貸した?T-popを聞く友達はいない。あ~あ、どこにいっちゃったんだろう。懸賞金をかけようかとも思ったけど、ちょっと待って、今ならもう1枚買っても、155バーツ。500円しないのよね。でも、落ち着いてよく探そう。

 まさか、こんなことがわかるとは思わなかったけど、整理することの大切さを学んだ日曜日だった。

2001/10/22 (月) PC移動

 PCの引越しをした。上の階にあったのを下に持っていった。PCだけというわけにはいかず、周辺機器も運んだわけだが、これがけっこう大変だった。ノーパソコンみたいに小さくて軽いのならともかく、値段だけは安いくせに大きなディスプレイ。横から見ると私みたいな体形をしているなあと変な感心をしながら、落とさないように、階段を降りる。下が見えないなら、怖かった。いつのまにか増えた周辺機器。CD-WRに、スマート・メディアのライター、けっこう大物のプリンター。これらを置くデスクに椅子。私はまだワードプロセッサーなんてものも使っていて、家の仕事にはこれが欠かせない。書類を作るにはこちらの方が慣れているのだ。ということで、ワープロを置くスペースも確保して、とりあえず終了。

 今度は、さっきはずしたコードを元に戻さなければ。色が同じと頃に差し込めばいいから、けっこう楽だった。

 この部屋での使い心地は...。プリンターの場所が左から右にきて、なんとなく違和感があるけど、高さが低くなったので、使いやすいかな。ワープロはぐらぐら動くテーブルから、しっかりしたデスクに格上げで、居心地もよさそう。仕事にも遊びにもがんばるぞ。後は、はやく常時接続になればいいのにな。先日T市で、局から4キロ離れている所だけど、効果が出ているという話を聞いた。我が家は直線で4キロ、実際には5キロくらいということで、今回は見送ったけど、なんだか可能性がありそう。もう一度トライしてみようかな。

 そうそう、KALAのCDは、MOMAYのCDと一緒に今日届いた。平田さん、ありがとう。

2001/10/23 (火) タイ語キーボード

 PCを動かしたついでに、前々から考えていた、キーボード2階建て計画を実行。と言っても、実際に働いたのは夫なんだけど。

 私はタイ語を勉強している。英語を勉強した時に、typewriterが大いに役立った。(というか、字を書くのが嫌いなのよね。読むのは好きなんだけど)本1冊丸タイプ!とかいって、夏休みにやったりした。タイ語も上手に書けなくて手紙を書く時には何枚も失敗してしまう。それになんて下手な字!ということでタイプライターの購入も考えたのだが、今はなんといってもコンピューターの時代。便利ねぇ。タイ語のフォントをダウンロードしたので、普通のキーボードでも設定をタイ語に変えてあげれば、タイ語表示はできるようになった。が、目に見えている表示は、ASDFだの、まのりれといった文字なのに、押すと出てくるのは、タイ文字。そこでタイ文字をコピーしてキーボードカバーにはったりして、なんとか使っていたけど、はがれてきたりしえいろいろと面倒だった。そこで、前回タイへ行った時に、あの Sek LOSO も行っちゃダメだよと言っているパンティップ・プラザへ行って、ちゃんとしたタイ語用キーボードを買ってきたのだった。

 このタイ語キーボードはUSB接続なので、普段は日本語キーボードを使って、タイ語を打ちたいと時だけUSBにつなぐ、そうやってタイ語を打っていた。机の上に2つ並べておくスペースがなくて、普段は机の下にしまっていた。この出し入れが面倒で、何とか快適に使えないかと、狭い土地に2台車を止めるのと同じ構想の「キーボード2階建て計画」を打ち出したのだった。キーボードを2台上下に置いて、引き出して使おうというものだ。

 計画の発端は私だが、結局、設計も施工も夫がやってくれた。(感謝!)で、今は快適な日本語タイ語英語キーボード環境。さあ、これで、先日撮ったCDの写真を使って我が家のCDライブラリーが作れる。後は、がんばるのみ。少しはタイ語の勉強にもなるかな(期待)

2001/10/24 (水) 猫の血液型

 先日のTVで言ってたけど(話は脱線するけど、この言い方はあまり使っちゃいけないって、はるか昔に英語を勉強していた時 Miss Miller が言ってたことを思い出した。「TVで言っていた。」のではなくて、「TVのニュースで言っていた」もしくは「TVのニュースでアナウンサーが言っていた」が正しいと。もう30年近くの話だけど、ふと思い出した。)、猫には血液型があるんだって。

 私が聞いていたのは、猫や犬には人間のような血液型がないから、大抵の血が輸血できる。それで多くの動物病院では犬や猫を飼っていて、その子たちが、患者で来院する犬や猫たちに血を提供するんだって。私の知っている病院でも犬と猫を飼っている。はっきり血を提供するんだって聞かされたこともある。ただペットとして飼っているところもあるんだろうけど。

 ニュースでは、適合する血がみつからないため、輸血できなくて困っている患者猫、患者犬の話をしていた。え~、どういうこと。いままで血液型なんてないって言われて輸血していたあれはなんだったんだろう。適合しない血を輸血されて問題が起きていたこともあったんじゃないかしら。うちの、もういなくなった子達は、12歳、19歳と、まあ長生きをしたし、手術もしなかったから、その問題はなかったけど、知り合いのいくつかのケースを思い出していた。人間だったら、医療ミスになるんだろうな。

 幸い、こう言うことがわかって、これから問題は減ってくるんだろう。今まで当たり前って思っていた事でも、とんでもない間違いをしていることがたくさんあるんだろうな。

2001/10/26 (金) ホームページを作ってみようかな

 ふと、思いついた。ホームページをつくってみようかな。

 本当にふと、球に思いついたんだけど、飼い猫のトトの写真とか、Thai PopsのCDとかをきちんとして、みて楽しいものにしたらおもしろいかなと。ちょうど本屋に行ったので、「簡単にできるホームページ」何ていう本を手にとって見た。なんだかそんなに難しそうじゃない気がする。ちょっとやってみようかな。

 家に帰って、超初心者向けの本に載っているホームページの作り方を読んでみた。よし、ちょっと真似をしてやってみた。なんだか楽しそう。思ったより簡単。

 と、いうわけで、できるかどうかはまだわからないのだが、MY HOMEPAGE に挑戦中。まずトトの写真、私のCDコレクション、タイ語の勉強、日本語のこと、Thai Pops のこと。コンテンツやレイアウトを考えてすごした、今日でした。

2001/10/27 (土) 「ホームページのこと」&[カーナビ]

 おとといあたりから私の頭の中はホームページのことでいっぱい。本を1冊買ってきて、読みながら、お遊びでHPらしきものを作ってみた。[トト]のアイコンを押すと、トトのページに飛び、そこで[Home]のアイコンを押すと、ホームに戻る。こんな当たり前のことに感激して、おーとか、わーとか言っていたら、[まるで、象をはじめて見た子どものような声を出している」と、夫に笑われた。でも、本当にそんな気分。すごい。でも、いろいろわからないことがあって、そう簡単に、INTERNET デビューはできないみたい。

 さて、今日は、M市のオートウェーブという車関係のお店に行った。ここがメインの目的ではないけど、夫が行きたがっていたから。ものすごく見づらい真っ赤な広告がはいっていて、その中でPanasonic のカーナビが6万円を切って売っていたので、ちょっと見たかったらしい。彼の車にはカーナビがついているのだが、私の車にはついていない。私の車を彼も時々運転するのだが、カーナビがないのでつまらないらしい。私はけっこうな方向音痴で、それだからこそ役に立つのだと夫は言うが、私は使いこなす自信がない。

 今日は夕飯が早く終わって、ちょうど終わった頃にテレビで、カーナビについてやっていた。夫は私に見せたかったらしい。私も見たかった。だが、今日はお昼寝もしてなくて、夕飯を食べてすぐ横になりながらテレビを見ていたら、番組がはじまったのは覚えているが、気がついたら、番組が終わっていた。しっかりワープしていた。やっぱり、縁がないのか、相性が悪いのか、嫌われいているのかな。

2001/10/28 (日) 渡部篤郎→ホーナム、独立子音字の忘れ形見

 渡部篤郎がTVでやっている保険会社のコマーシャルがある。「更新日が近づいたあなた...」というあれだが、先日夫が「ここの部分『こうしいんじ』が近づいたあなた...ってきこえるんだけど」と、何気ない顔をして言う。本人はおもしろいことを言ったつもりはないようだが、私は一人で、爆笑。
 
 「こうしいんじ」漢字で書くと「高子音字」。タイ語を勉強している人ならわかると思うが、タイ語にある3つの子音のグループのひとつ。ちなみに、他に中子音字と、低子音字がある。高子音字が近づいたあなた、それは「ホーナム」。「ホーナム」とは、低子音字のうちの8つの文字について、その声調の姿を本来のものから高子音字のものに変えてしまうもの。

 私が使っているタイ語の教科書では、高子音字が赤、中子音字が緑、低子音字が茶色で色分けされれいる。だから私の頭の中では高子音字は赤い。今、私が赤で連想するのは、LOSOのRED Album。だから、高子音字である「ホー」の字が書かれた赤いジャケットが歩いてきて、茶色い低子音字の声調を変えていくのを想像しておかしくなった。

 でも、もうひとつ気をつけなくちゃならないことがあったはず。確か死にきれなくて、声調を残していくもの。そうそう、これだ。独立子音字で声調を失うと、後ろの低子音字に声調を託して死んでいくというあれだ。この話は山田先生の話を聞いた人にはピンとくるはずですが、そうではない人には、ごめんなさい。

 今度のアルバム the RED Album からLOSOのベーシストが交代した。オリジナルメンバーだったラットが戻ってきたのだ。やめたクラーンが後は頼むといって、ラットに高子音字の声調メモを渡している様子が浮かんできて、またまた笑いが止まらなくなった。でもLOSOの小文字は2つとも低子音字。ホーナムも独立子音字の影響も受けてないわと思っていたら、ドラムのヤイの名前(大きいって意味)はホーナムだった。

2001/10/30 (火) HTMLって何?

 本を買ってきて、HTMLのことを勉強しようと思ったけど、むずかしくて頭が痛くなった。なんとなく概念だけ頭に入れてみるけど、とてもじゃないけど使いこなすのは、私の頭では無理です。

 ホームページ作成ソフトの購入も考えたけど、何とかかわないで出来そうなので、がんばってみよう。ページが飛んで、愛猫トトの写真や、セークと私のツーショットの写真が出てくると、いまだにウォーっと声を上げそうになってしまう。 1年前にはこんなこと夢みたいだったのに。誰も言ってくれないから、自分でえらいと誉めてあげた。

 昨日は、一生懸命勉強して疲れたので、さるさる日記は休んでしまった。でも昨日はNTTに、フレッツADSLの申し込みをしたので、記しておこう。116の人は、可能かどうか調べて係りのもの殻連絡をすると、言っていた。前にも一度申し込んだことがあって、その時は、違う理由でやめたので、大丈夫だと思う。
 
 やめた理由というのは、1、インターネットに接続中に電話が使えなくなることがある。(これは致命傷。一応、この電話で仕事をしているので)2、ADSLを利用しても思ったような効果が現われなかった場合、加入したときと同じくらいの精算金が発生する。(とりあえずやってみるというのもこれでは冒険だなあ)

 この2点で断念したのだが、どうもこの理由が腑に落ちない。そこでもう一度確認したのだが、そういうことはないという返事と、さらに他のものにも聞いてみるというありがたい対応。この2点がクリアーすれが、私の場合、スピードはそれほど問題にはしていないので、さっそく申し込んだ。毎日テレホーダイタイムを待って、インターネットに接続しているので、寝不足。昼間だってけっこう自由になる時間があるんだから、常時接続になれば、どんなに楽だろう。

2001/10/31 (水) 実は軽いぎっくり腰/ADSL

 おととい(29日・月)にもうしこみをしたADSLの件で、NTTから電話があった。ずいぶん早いので、ちょっと驚いた。

 局からの距離が4700mくらいあるとのことで、ちょっと難しいらしい。しかし、効果があまり出ないかもしれないという事を私の方で了解しているのなら導入は可能だ。やってみてダメだったらあきらめるということでいかがでしょうかと、前回の担当者とはずいぶん姿勢が違う。私もスピード云々よりも、常時接続に惹かれているので、今回とりあえず導入してみようということになった。

 11月7日(水)に、果たして効果が出るかどうか試してみようということになり、いよいよ常時接続へ。(本当にできるかどうか、まだ分からないけど)。当日までにLANケーブルを用意しておくことと、コンピューターにLANポートの準備をしておくように言われた。さあ、これが問題だ。私にはお手上げなので、夫に登場してもらおう。5分で済むよという。そんなあ。と思ってみたら、本当に5分で済んだ。(尊敬)その後のドライバーソフトのインストールは、わたしがやらなくちゃならない。これも頭痛の種だっただ、何とかできた。というより、勝手にPCがやっていた。

 PCの後ろ側にLANの接続口ができた。でも、前から見るとなにも変わらない。と思っていたら、スイッチを入れるとパスワードがどうたらとか出てきて、無視していたら、プロバーダーにつなげるのに、パスワードが消えている。どうもさっきのパスワード画面のせいらしい。本当に良く分からないのに、OKのアイコンを押したら、普段と同じに戻った。が、起動するのに、今までの倍くらい時間がかかる。(そんな気がする)壊れたのかと思って、息をつめてみていると、緑のランプがついて、ああ、大丈夫かと安心。機械のことは全然わからないので、不安になる。

 ADSL、ちゃんと導入できるのかなぁ。

|

« 2001年9月 | トップページ | 2001年11月 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。